誰でもできるかんたんスキンケアやメイクアップ、肌あれ対策を紹介します。

陶器肌になるためのスキンケア方法!メイクでうるツヤ肌をGET

 

思わず触れたくなる陶器肌に見せたい!そんな風に思ったことはありませんか?

きめ細やかでつるんとした「陶器肌」になりたい女性のために、陶器肌になるためのスキンケア方法をまとめました。

下地・BBクリーム・ファンデーションをうまく使わなくてはいけません。

今回は、上質な人気商品と共にベースメイクの基本も合わせてご紹介します!

ツヤのある陶器肌を目指そう!

陶器肌になるためにはスキンケアが重要

透明感のある肌は、世の女性の憧れです。

きめ細やかでつるんとした肌は「陶器肌」と呼ばれ、知的かつ上品に見える、清潔感が感じられる…など、プラスのイメージしかありません。

当然、男性からも人気が高く、透き通るような陶器肌は、愛されるための秘訣と言っても過言ではないでしょう。

しかし、卵のような肌質感の「陶器肌」に憧れるけれど、今の自分の肌では到底無理…と諦めてないですか?

たしかに、1日や2日でパパッと陶器肌になるのは難しいかもしれません。

だがしかし!時間をかけてゆっくりとスキンケアを行うことで、誰でも陶器肌を手にするチャンスがあるのです!

女優のような陶器肌はナチュラルメイクが映える

透き通るような陶器肌には、ナチュラルメイクが綺麗に映えます。

有名人で言うと、綾瀬はるかさん、北川景子さん、堀北真希さんのようなイメージです。

ファンデーションを厚塗りせずに、スキンケアと下地を丁寧にするだけで、くすみやしわの無いすっぴんのような陶器肌を手にいれましょう。

陶器肌になるためのスキンケア方法

①乳液・フェイスマスクでしっかり保湿

陶器肌を目指すならば、まずは丁寧なスキンケアが大切です。

「疲れてるし、明日でいっか」と手抜きのスキンケアをしている人には陶器肌にはなれないでしょう。

寝る前やお風呂上りの素肌には、化粧水をたっぷりしみこませてあげましょう。

化粧水・乳液・美容液は手のひらで人肌に温めてから塗ると、浸透力がUPするので、ぜひ実践してみてください。

よくパンパンと叩く人がいますが、NGです!

優しく押さえつけるように、ゆっくりとつけてください。

時間がある休日前には、フェイスマスクなどをつけながら、リラックスタイムを楽しみましょう。

また、お肌の負担にならないように、早寝早起きを忘れずに!

②メイクは必ずその日のうちに落とす

当たり前のことですが、できてない人は多いかもしれません。

お疲れの毎日で、自宅につくなりベッドに倒れ込む方は、肌への危険信号が出ているかもしれません。

どんなに薄いメイクでも、肌にはストレスです。

陶器肌を目指すなら、自宅についたら最低限メイクを落としてから寝ましょう。

当然、スキンケアもできればなお良しです!

③生活習慣を見直して毛穴を改善する

目立つ毛穴は、陶器肌の敵です。

頬に多く見られる「たるみ毛穴」は、加齢・乾燥・血行不良などによって起こります。

Tゾーンに多く見られる「詰まり毛穴」は、角栓が外気に触れると黒くなるのが特徴です。

ニキビの炎症が原因で起きる「凹凸毛穴」は、凹凸状に毛穴が広がってしまいます。

毛穴は上記の3種類に分けることが出来ます。

毛穴の改善方法は種類によってちがいますが、生活習慣を見直すことで毛穴が改善することもあります。

陶器肌を目指すならば、規則正しい生活と適度な運動は欠かせません。

陶器肌になるための下地

上手な下地の付け方

使用する化粧下地の量は、パール1粒分。

おでこ、頬、鼻、あごに乗せた後、顔全体に伸ばします。

目元は目尻から目頭に向かって、優しく伸ばしていきます。

目の周りは皮膚が薄いので、強くこすらないように気を付けてください。

毛穴を隠したい場合には、下から上に向かって塗り込むのが良いでしょう。

ただし、化粧下地をつけすぎると、化粧がよれてしまうので注意してください。

軽くティッシュでオフすれば、下地のつけすぎを予防することが出来るので上手く活用してください。

すっぴんのような透明感を出す

肌をワントーン明るく見せて、すっぴんのような透明感を出すために、下地は重要なアイテムです。

透明感のある肌を目指すならパープル、明るい肌を目指すならブラック系の下地を選ぶと良いと言われています。

また、パールが配合された化粧下地は、内側から発光するような肌を作るのにぴったりです。

今まで使用していなかったという方は、自分の肌に合った下地を購入してみてはいかがでしょうか。

陶器肌になるためのオススメ下地

「シャネル」ブラン ドゥ シャネル

伸びが良く、化粧下地としても、ハイライトとしても使用することが出来る人気の商品です。

お値段はお高くなりますが、1つで2役の使い方がある便利さも人気の秘訣となっています。

CHANEL シャネル ブランドゥシャネル を買う

「SK-II 」オーラアクティベータ―CCクリーム

潤いでキメを整えつつ、使い続けることで肌そのものをケアしてくれる、トリートメントのような商品です。

肌本来の血色感を生かしながら、トラブルだけをカバーする半透明のテクスチャーで、素肌が美しく仕上がるのが特徴です。

微細なパールが配合されており、ツヤと透明感のある素肌に仕上がります。

SK-II オーラ アクティベーター CCクリーム を買う

陶器肌になるためのBBクリーム

BBクリームは肌に優しい

BBクリームはファンデーションと比べると、肌に優しいクリームです。

薄付きでもカバー力が期待出来るので、自然な陶器肌を目指す方にオススメです。

また、BBクリーム1つで、美容液・乳液・日焼け止めなど様々な効果が含まれているので、化粧に時間が取れないという方はぜひ使用してみて下さい。

陶器肌になるためのオススメBBクリーム

マナラ BBリキッドバー

マナラのBBリキッドバーはとろけるようになめらかなテクスチャーが特徴です。

厚塗り感はゼロで、ムラなく美しい仕上げることができます。

薄付きなのにカバー力はしっかりしていて、透明感とツヤ肌を手に入れられると人気です。

美容成分も贅沢に配合しているので、一日中潤った肌を手にいれるのも夢じゃないかもしれません。

マナラ BBリキッドバーを買う

ランコム UVエクスペール XL BB

高いUV防御力と、スキンケア効果が両立した商品です。

強い紫外線や、大気汚染から肌を守ってくれる効果があるにもかかわらず、軽やかで付け心地のいいテクスチャーが話題です。

ランコム UV エクスペール Xl BBを買う

アマールカ BBクリームナチュラル

プチプラなのに効果が高い!と、話題になのがこちらの商品。

薄付きの軽い付け心地にもかかわらず、UV対策が出来るのが嬉しいポイントです。

アマールカBBクリーム ナチュラルを買う

陶器肌になるためのファンデーション

リキッドファンデーションは薄めが基本

陶器肌を目指すならば、マットな質感を作りやすいリキッドファンデーションがオススメです。

透明感を残すためにも、ファンデーションの厚塗りはNGです。

シミやしわなどの気になるポイントは、ファンデーションではなくコンシーラーを使用してカバーしましょう。

リキッドファンデーションの使い方

手の甲にファンデーションを馴染ませた後で、頬・おでこ・鼻筋・あごのパーツごとに広げていきます。

目元は下地と同様に、皮膚が薄いので優しく抑えてください。

最後にフェイスラインから首筋に向かって、薄くファンデーションを伸ばすと自然な顔の印象に近づきます。

リキッドファンデーションの人気ランキング

エスティローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

日本人の肌をナチュラルに仕上げてくれる人気商品。

セミマットな質感で、長時間つけていても崩れません。

ESTEE LAUDERダブルウェア ステイ イン プレイス メークアップ を買う

ナーズ ベルベットマットスキンティント

立体感のある、ナチュラルな肌に仕上げてくれるのはもちろん、肌のトーンを均一に整える効果があります。

ウルトラスムースなテクスチャーがソフトで優しい付け心地を与え、肌になじませやすいのが嬉しいポイントです。

ナーズ ベルベットマットスキンティントを買う

シャネル レ ベージュ タン ベル ミン

溶け込むように肌に密着し、なめらかに仕上げてくれるのが「シャネル レ ベージュ タン ベル ミン 」です。

しっとりとした付け心地にもかかわらず、肌の表面はさらりとした仕上がりになります!

おすすめのパウダーファンデーション

パウダーファンデーションを使用する場合は、塗るのではなく「乗せる」イメージで行いましょう。

ポンポンと優しく、ふんわりとつけることで、ファンデーションを薄く均一に乗せることが出来ます。

お直しにはルースパウダーを使うと便利です。

マキアージュドラマティックパウダリー UV

ムース生まれのパウダリーで、軽い付け心地が溶け込むようにフィットします。

さらりとした自然な肌触りです。

マキアージュ ドラマティックパウダリー UVを買う

スキンケアとベースメイクをマスターすれば愛され陶器肌になれる!

たかがスキンケア、ベースメイクとあなどることなかれ。

陶器肌を作る秘訣は、毎日の積み重ねにあります。

化粧下地、BBクリーム、ファンデーションを上手に使用して、誰もが羨む陶器肌を手にしてください!

Copyright© 簡単スキンケア&メイクアップ.com , 2019 All Rights Reserved.