誰でもできるかんたんスキンケアやメイクアップ、肌あれ対策を紹介します。

男もインドエステで体質改善ができる?!おすすめサロンも紹介

2019/04/12
 

インドエステって何だろう、エステサロンと違うのかな?心和らぐオリエンタル風なサロンに行ってみたいと思う方に向けた記事です。

オススメのインドエステ店や男性も受けられるインドエステ店、ほかに自宅で出来るインドエステ方法についても紹介しています。

全身痩身、インドエステの魅力

女性ならいくつになってもきれいでいたいもの、毎年登場する目新しいダイエットを試すのは楽しいかもしれないけれど、いつの間にか飽きてやらなくなってしまう。

エステサロンも行かなくなったらリバウンドしてしまうんじゃないの?と思っている方が多いと思いますが、インドエステは体質そのものを改善するので、リバウンドすることはありません。

反対に行くたびに結果が出るので、インドエステを受けるのが楽しくなるほどです。

体重が減った増えた、ウエストサイズが細くなった太くなったと気にするよりも、太りにくい体質を手に入れましょう。

太りにくくなると免疫力も高まり風邪など引きにくくなり自然と痩せていくのですから。

ここでは健康で美しい体を手に入れることができるゴッドハンドを持つスタッフのいるインドエステサロンの魅力を紹介します。

インドエステとは

マッサージ中心のエステ

インドエステはハンドマッサージが基本です。

オプションとして機械を使うサロンもありますが、メインはその巧みな手技です。

スタッフはインドエステの本場であるインド・スリランカや国内施設で研修を受けている経験者ばかりです。

インドエステは通常のエステサロンと違いサイズダウンをすることだけが目的ではないのです、オイルトリートメントとハンドマッサージによって体質を改善していく中で、体がちょうどよいサイズになっていくことを目的にしているというと分かりやすいかもしれません。

ほかに心に悩みがあるとメンタル的にも不安定になりやすいので、オイルトリートメントを通して精神面をニュートラルに戻すことも目指しています。

「手当」というのは人の手を肌に当てることですが、この手当を通して人は癒やされていくことで心と体を整え、明日はまた頑張ろうという活力を引き出すのがインドエステです。

伝承医学に基づいた施術

ヴェーダとは今から約3,200年前に作られたインド最古の聖典です、ヴェーダには4つあり、そのうちの医学に関するものが書かれているヴェーダを「アーユルヴェーダ」といいます。

医学といっても例えばおなかが痛いので薬草を煎じて飲むという対症療法ではありません。

なぜ痛くなったのか原因を探り、そして患者の体質や気質を加味して、どのような治療がよいかあるいはどのような養生の方法が適しているかを決めます。

またアーユルヴェーダは自然の法則を整えるために使います。

例えば人間が2人以上いたら、その間でいろいろなかかわりが発生し、いい意味でも悪い意味でも心や体が動き変調を来す事になります。

人間の体も自然の1つなので、自然の法則にのっとって身体を整えるためにアーユルヴェーダを使う必要がでてくるのです。

デトックスで痩身効果

栄養を体に取り込み、消化や代謝されるエネルギーを「アグニ」といいます。

アグニは燃えながら血液や骨組織など体を構成する7つの要素を通り、燃えかすは便や汗や爪や髪などの老廃物「マラ」になります。

マラが作り出されることは健康のバロメーターにもなります。

アーユルヴェーダでは体に働きかける3つのエネルギー「ドーシャ」があるとされ、ドーシャのバランスが取れていることを健康であると定義付けています。

このドーシャのバランスが崩れるとマラが作り出されずに未消化物「アーマ」が体内に残ります。

アーマが体内に残っていると、不要なものにもかかわらず体が吸収するので質の悪い身体組織が生まれたり免疫力も低下する毒素を汗として体外へ排せつ、つまりデトックスをするのです。

脂肪の代謝も助けるので痩身にもつながります。

おすすめインドエステを紹介

男性にも人気のインドエステ

お茶の水駅から徒歩5分にある「Re-spa(リースパ)御茶ノ水シークレット」は男性もインドエステを堪能できます。

でも女性スタッフではちょっとマッサージ面で満足できないかも?と思われるかもしれませんが大丈夫、男性の方には本場インドケララ・アーユルヴェーダ社(KAL*)公式認定専任男性セラピストが担当しますので、気分よくトリートメントを受けることができます。

エレベーターの扉が開くとアロマの香りが迎え、天井から下がる長い布は優しさをかもしだし、間接照明の仄明るいエキゾチックな個室は、あなただけのプライベート空間になります。

会社帰りにも立ち寄れる便利な立地、日ごろの疲れを癒やしつつスリムな体が手に入ります。

KAL*

アーユルヴェーダの第一人者が創設したアーユルヴェーダ医療・費用効率の高い薬品の製造・マーケティングを輸出している南インドにある会社

店舗情報

<Re-spa御茶ノ水シークレット>
住所:東京都文京区本郷3-2-20 MKビル6F
TEL:03-3868-3740
営業時間:平日:11:00〜22:00(20:00受付終了)土日祝:10:30〜22:00(20:00受付終了)
定休日:不定休
アクセス:JR線御茶ノ水駅の御茶ノ水橋口より徒歩5分    
URL:http://www.respa.co/

インドエステ アロマヒーリング

アロマヒーリングは全身のトリートメントは、リンパをほぐし老廃物を流しやすくすることを目的にしています。

足裏から始まりふくらはぎ、太ももそしてヒップなどセルライトが付きやすい部分を重点的におこないます。

ほかにも自分では手の届かない肩から背中にかけて、血液やリンパなどの体液の流れが滞りがちな部位には指圧などを取り入れた独自のテクニックで背中の張りや肩のこりをほぐしていきます。

首周りのデコルテ部分から顔まわりのリンパを流します。

顔のくすみやむくみが取れ、ハリのある血色のいい顔がよみがえります。

最後にスカルプケアも軽くおこなうことで、つま先から頭まで全身スッキリと生まれ変わったような気分でいっぱいになります。

店舗情報

<中目黒本店>
住所:東京都目黒区上目黒3-1-5 第10東都ビル7階
TEL:03-6412-8090
営業時間:平日・祝日13:00〜23:00 (最終受付22:00)土日12:00〜22:00 (最終受付21:00)
アクセス:東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒」駅徒歩1分。

正面出口改札を出て左に山手通りを進み、1階が「銀座メガネ」さんのビルの7階です。

URL:http://www.aromahealing.jp/

カブール

カブールのトリートメントはスリランカに自生する薬用ハーブを、お客さまの体質に合わせて数種類ブレンドしたオイルを使用します。

まずは保湿や解毒作用代謝をスムーズにするためにヒーティングして体を温めます。

脚や腕はより効果を上げるために、手の動きや力加減リズムもぴったりな二人のスタッフでトリートメント。

脂肪や体内にたまった老廃物をリンパへと送りこみ汗や尿と共に排出します。

体質改善しながら健康的に痩せられるのでリバウンドの心配はありません。

体質改善というともっと過酷な肉体改造みたいな事をするのかと想像していたのですが全然違います、反対にとてもぜいたくな雰囲気を味わえます。

血液のサイクルも考えながら7日〜10日に一度のペースで3ヶ月通います。

満足したらその体形を維持するために月に一度のメンテナンス、それだけで理想のボディーラインが手に入るなんて夢のようです。

店舗情報

<カブール大阪>
住所:大阪市天王寺区生玉町2-24
TEL:06-6776-8950
営業時間:10:00〜20:00(最終受付 18:30)
定休日:日曜、月曜
アクセス:地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目」駅3番出口より徒歩3分
近鉄大阪線・奈良線「大阪上本町」駅より徒歩8分
URL:http://www.kabul.co.jp/

<カブール横浜>
住所:横浜市神奈川区鶴屋町3-29-9タクエー横浜西口第6ビル5F
TEL:045-595-9927
営業時間:10:00〜20:00(最終受付 18:30)
定休日:日曜日、月曜日
アクセス:JR横浜駅より徒歩5分
URL:http://kabul-yokohama.com/

オリエンタル・スタイル名駅店

TV番組「ガールズハッピースタイル」の取材でも取り上げられた「スーパーフェイシャルインド」は顔のリンパの流れに沿っておこなうハンドマッサージです。

「ウェブ上で紹介しているリンパマッサージを試したらシワになってしまった」という方はいませんか。

自己流でやるよりもプロの方からマッサージを受けたほうが確実にきれいになります、シワが増える前に試してみてくださいね。

オリエンタルスタイルのオススメは何といっても「i Ce脂肪冷却」。

脂肪を4度まで冷やし脂肪細胞を変化させることで、不要な細胞と判断した脳は、新陳代謝により体外へ排出するというシステムです。

方法は簡単、お腹のお肉をムニュッとつまんで冷やすだけ。

4度というのは皮膚や血管が変化する直前の温度なのでお肌には影響ありません、ちょっと敏感だと赤くなったりする方もいるらしいのですが、施術して遅くとも2〜3日後には元に戻りますから安心ですね。

店舗情報

<名駅店>
住所:名古屋市中村区名駅4-5-28桜通豊田ビルB1Fキャッスルプラザ西隣り
TEL:052-563-7200
営業時間:月〜金曜12:00〜21:00 土曜10:00〜19:00
定休日:毎週日曜・祝日
アクセス:各線名古屋駅から徒歩2分
URL:http://www.style-japan.co.jp/salon/meieki.html

<新宿店>
住所:新宿区西新宿1-4-2 141ビル8F小田急ハルク北隣り (2Fサンマルクカフェ)
TEL:03-5381-4800
営業時間:月〜金曜12:00〜21:00 土・日曜10:00〜18:00
定休日:祝日
アクセス:各線新宿駅西口すぐ
URL:http://www.style-japan.co.jp/salon/shinjyuku.html

<河原町店>
住所:京都市下京区四条河原町東入イケゼンビル6F京都マルイ東隣り
TEL:075-255-9700
営業時間:月〜土曜11:00〜20:00
定休日:毎週日曜・祝日
アクセス:阪急河原町駅2番出口から徒歩1分
URL:http://www.style-japan.co.jp/salon/kawaramachi.html

クール・エ・コール+N新宿店

トリートメントに使うオイルはアーユルヴェーダオリジナルの秘伝セサミハーブオイルとオーガニックのエッセンシャルオイルと合わせることで効果が倍増、脚のセルライトがつぶれていく感触を味わえます。

強めのハンドケアとありますが口コミでは「痛気持ちいい」とのこと、筆者のようなくすぐったがりには向いているかもしれません。

神髄インドエステには5つのコースがあります、中でも一番お勧めは「アダヌワンタリ」です。

最強の部分コースの結集だそうで、女優さんやモデルさんが撮影直前に駆け込んでくるという速効性のあるトリートメント、一度受けたら病みつきになりそうなコースですね。

店舗情報

<クール・エ・コール+N新宿店>
住所:東京都新宿区西新宿7-9-13 石川ビル3F/4F
TEL:03-5348-8100
営業時間:11:00〜20:00
アクセス:JR線の新宿駅から徒歩5分、都営大江戸線の新宿西口駅から徒歩1分
URL:http://cec-n.com/

口コミで人気「バイソン」で自宅エステ

ヒートバーニングジェル

至れり尽くせりのサロンでトリートメントしてもらうのもいいけれど、やっぱりお休み前のひととき、自ら癒しを与えてみたいもの。

そんなおうちエステに役立つのがバイソンのマッサージジェル。

洗い流しが不要なので部屋の中でマッサージできるのも魅力です。

マッサージ専用のジェルといってもなかなか温まらないジェルもありますよね。

でも「ヒートバーニングジェル」ならすぐにホットになるのでマッサージするのが楽しくなるほど。

アーユルヴェーダ由来のゴマ油など9つの美容成分を配合しているマッサージジェル、塗りっぱなしで洗い流さなくてもいいのが便利ですね。

エキゾチックなサンダルウッドの香りがインドエステサロンの空間にいるような、優雅でセレブなイメージを醸し出します。

ヒートラップジェル

こちらはお風呂で洗い流すタイプです。

赤いスクラブ入りの「インドエステ ヒートラップジェル」です。

美肌成分としてターメリックとレモングラス・蜂蜜が配合されていますので、ちょっとお線香くさいと思われる方もいるかもしれませんが、お風呂場なので、あまり気にならないでしょう。

使い方としては肌の水気をふき取ったあと「インドエステ ヒートラップジェル」を適量手に取り、マッサージしたい部分へ塗り広げます。

一分ほどしたらマルマと呼ばれるインド式のツボのようなものを意識しながらマッサージしてください。

体の余分な水分や未消化物「アーマ」などを排出したり血液の流れを促す効果があります。

汗が大量に出ます、水分を補給しておかないと気分が悪くなるなどの症状も起こるので、マッサージをする際には白湯を一杯飲むのをお忘れなく。

インドエステのゴッドハンドを体験しよう!

いかがでしたか。

アーユルヴェーダは自然の法則を整えるためのものですから、体質や体調のバランスを整えることが痩身につながるということが伝わりましたでしょうか。

リンパ節に特化した施術、スタッフ二人同時におこなうダイナミックなトリートメント、画期的な専用機器をつかって脂肪細胞を排出、こだわりのセサミハーブをタップリ使用するなど、技術力の高いゴッドハンドを持つスタッフの魅力が詰まっているインドエステサロンばかりですね。

おうちエステに役立つバイソンは洗い流し不要とお風呂用のマッサージジェルがあり「今日は疲れたからゆっくりキャンドルを灯してお風呂でマッサージしたいな」「今夜は見たい映画があるから簡単にお部屋でマッサージ」と気分次第で選べます。

日本女性は冷え性が多いといいますが、ファッションから体を締め付けたり布の少ない服だったりと、きれいに見せるために無理をしているところが多いと思います。

たまには心も体も温めてゆったりした時間を過ごしましょう。

Copyright© 簡単スキンケア&メイクアップ.com , 2018 All Rights Reserved.