誰でもできるかんたんスキンケアやメイクアップ、肌あれ対策を紹介します。

メイク男子必見【ナチュラルメイクを基本を習得】初心者のための失敗しない方法

2019/04/12
 

メイクには色々ありますが、意外と難しいのがこの「ナチュラルメイク」。

メイクはファッション誌や友達同士で教えあうこと等もあると思いますが、結局は自分自身でメイクを行うため、独学で行う方が多いのではないでしょうか。

特にこのナチュラルメイクは、ナチュラルと言いながら思うようにできず、メイクにかける時間が長くなって…もしかして不自然??なんてことも。

今回はそんなナチュラルメイクについて紹介します。

初心者のためのナチュラルメイクのコツ

年代問わず人気のあるメイクが「ナチュラルメイク」です。

私の場合、高校から眼鏡をコンタクトレンズに変えたこともあり、メイクデビューというよりは、アイメイクデビューとして眉毛とアイプチ程度のメイクを始めるようになりました。

そして、本格的にメイクを行うようになったのは高校卒業後なのですが、とりあえずわかる範囲内でメイク道具はそろえたものの、妙に濃いめのメイクになっていたことを覚えています。

その当時に比べたら、最近はメイク道具のカラーバリエーションも増え、以前よりもナチュラルメイクをしやすいのではないかと思います。

初心者の方に大切な、道具選びとナチュラルに見せるメイク方法を知れば、今後の様々な流行メイクにも応用できます。

自分の顔に対するコンプレックス等も、工夫次第で改善することができます。

ナチュラルメイクとは?

皆さんが想像するナチュラルメイクとは、どういったものでしょうか。

何となくナチュラルという言葉のイメージから、薄めのメイクといった捉え方をしていませんか?

確かにそのような想像で薄めのメイクを行えば、すっぴんに近いメイクと思われてもおかしくはないでしょう。

でも、実際のナチュラルメイクは、意外と手の込んだメイク法なのです。

ナチュラル=自然という意味からも想像できますが、ナチュラルメイク=不自然ではないメイクということです。

このことから、ナチュラルメイクは、ちゃんとメイクを行っていながらも、メイクをしていないように見えるメイクなのです。

化粧を意識させない自然でナチュラルなメイク

メイクを始めるためには、メイク道具が欠かせません。

しかし、メイク前に絶対忘れないでほしいのがベースメイクです。

化粧水や乳液を使用することで、肌の調子を整えることがまず大切です。

この時に、自分に合ったものを使わないと、肌のトラブルの原因になりますので、試供品等で一度試してから購入するように気を付けましょう。

なお、ナチュラルな仕上がりには、道具の使い方にもコツがあります。

まつ毛のメイクは、ビューラーを優しく、マスカラも薄くつけるように意識するとより自然に仕上がります。

薄化粧は手抜きメイクではない

ナチュラルメイクは、男性にも人気の高いメイクです。

とはいえ、他のメイクに比べ、すっぴんっぽく見えるものの、単純に薄いメイクではありません。

ナチュラルメイクのポイントは、綺麗に見えるのに薄化粧のような仕上がりです。

と、簡単に一言で伝えたものの、実際には色々なコツや注意点等を抑えながらメイクしていきます。

上で伝えたベースメイクに、パーツごとにナチュラルに仕上げるコツがあります。

まずは、ナチュラルメイクの基本について勉強していきましょう。

ナチュラルメイクの基本

ナチュラルメイクに関わらず、化粧のノリを左右するのがメイク前の保湿です。

肌がザラついていたりカサついていたりすると、化粧にムラが出てしまうことがあります。

なお、ザラついている方は、ふき取り用の化粧水を使用することをお勧めします。

ふき取り用の化粧水をコットンにしっかり含ませ、優しくこすらずにふき取れば、肌のくすみやザラつきも解消されます。

なお、高校生等若い女性や本来の肌が綺麗な方であれば、ファンデーションはお勧めしません。

本来の肌を活かすためにも、肌なじみの良いCCクリーム・BBクリームを使用しましょう。

ナチュラルメイクでそろえたいメイク道具

皆さんがメイクデビューを始めたのは、いつ頃からですか?

高校デビューといったように、高校に入学した頃からメイクを始めた方も多いのではないでしょうか。

今までメイクをしていなかった人がメイクをすることで、一気に大人っぽくなりますよ。

しかし、メイク初心者の方の中には、メイクの基本的なやり方がわからず、頭を抱えてしまっている人もいます。

ファッション誌等で、様々なメイク法をチェックすればするほど、メイクの奥深さに悩まされることがあります。

ここでは、ナチュラルメイクをする時に、そろえておきたいメイク道具について紹介します。

初心者の道具選び

初心者の場合は、普通のファンデーションよりは、BBクリームのように化粧下地としても使用できる万能なアイテムがお勧めです。

使い方は、リキッドタイプのファンデーションと同じように、顔全体に伸ばすだけで簡単にメイクできます。

また、アイブロウを選ぶ時は、ブラック系だと不自然に見えてしまうため、ブラウン系を選ぶようにしましょう。

ペンシルタイプよりパウダータイプのアイブロウの方がぼかしやすいので、さらに自然な眉毛を作ることができます。

そして、ビューラーには、カーブの深さや幅等の違う商品が豊富に販売されているので、しっかりとまつ毛の根元が挟めるタイプのビューラーを使用するようにしましょう。

なお、100円ショップのメイク用品であれば、低コストで色々試しやすいこともありお勧めです。

基礎化粧品

基礎化粧品にも色々な種類がありますが、金額に関わらず品質を意識して選ぶようにしましょう。

化粧水や乳液・クレンジング等には、無着色・弱酸性・合成香料不使用・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー・防腐剤フリー等といったように、確認するポイントが沢山あります。

このような品質のバランスと、自分が購入しやすい金額のバランスから、基礎化粧品を選んでいけば良いと思います。

また、1つのメーカーに絞らずに色々試してみることで、自分に合ったものに出会えることもあります。

長い間同じものを使用している場合、その間にもっと自分に合った新商品が生まれている可能性がありますので、気になった商品があったら試してみても良いでしょう。

そして、初心者の方には、肌に優しい赤ちゃんでも使えるような商品もあるので、基礎化粧品デビューの方でも安心して使用することができます。

化粧下地

ナチュラルで綺麗なメイクに仕上げるためには、それなりのコツがあります。

基礎化粧品同様に、肌に優しいものや、つけた時に重くならず、伸びと肌なじみの良いものを選べば、サラッと自然な透明感のある肌が作れます。

また、気になるシミや毛穴・そばかす・くすみ・赤み等のカバー力が高いものを選ぶようにしましょう。

化粧下地にも保湿力は大切で、乾燥しやすいものや脂が浮きやすいものもあるので、化粧崩れを防ぐためにも保湿力のあるものがお勧めです。

化粧下地には、ファンデーションとの相性も大切で、クリーム系やパウダー系等のファンデーションとの相性が良いものにしましょう。

BBクリームやCCクリームなら、ファンデーションなしでもメイクが可能なので、初心者の方はBBクリームやCCクリームから使い始めると良いでしょう。

ファンデーション

メイクをするなら、透明感のある肌が良いですよね。

パウダータイプのファンデーションは使いやすく、他のタイプのファンデーションに比べて、さっぱりと仕上げることができます。

他にも、パウダータイプの方が肌にも負担がかかりにくく、化粧直しも簡単です。

リキッドタイプのファンデーションの場合は、高いカバー力としっとりとした保湿力もあり、使い方次第で素肌のような透明感のある肌に仕上げることができます。

また、化粧下地ではなく、日焼け止めの後にファンデーションを使用している方もいますが、ファンデーションを使用する時には、必ず化粧下地を使用してから行うようにしましょう。

そして、化粧下地もファンデーションも、透明感の得られるものを使用することをお勧めします。

フェイスパウダー

フェイスパウダーは、メイク道具の中でも使い分けができるアイテムの1つです。

私が良く利用している方法が、リキッドタイプのファンデーションの上に、フェイスパウダーを使用して仕上げる方法です。

そうすることで、保湿力が高いものの、化粧崩れしやすいリキッドタイプのファンデーションでも、化粧崩れを防ぐことができて、肌の透明感も向上します。

私はリキッドタイプのファンデーションを使用していますが、他にもBBクリームやCCクリームのようなクリームタイプ等の全ての液状タイプのファンデーションで使用できます。

逆に、パウダータイプ等の粉状のファンデーションには、元々フェイスパウダー同様の成分も含まれているので、さらにフェイスパウダーをプラスしてしまうと、仕上がりが重くなってしまいます。

しかし、短時間で化粧直しをしたい時には、軽くフェイスパウダーを重ねれば、スムーズに化粧直しすることができます。

コントロールカラー

メイク中に、自分の顔色が気になることはありませんか?そんな時にコントロールカラーを使用することで、より透明感のある肌に仕上げることができます。

また、そのカラーの種類も豊富で、黄緑系の色であれば赤みがかった肌をカバーし、淡いパープル系の色であれば、くすんだ肌をカバーしてくれます。

ベースメイクにコントロールカラーを使用することで、ニキビの跡や血色の悪さ・シミ・くすみ・クマのような肌トラブルもカバーできますので、肌の悩みに応じて使うとキレイに仕上がります。

このように、顔の様々なトラブルをカバーしてくれるコントロールカラーは、メイク道具の中でも大切なお助けアイテムです。

単純に、カバー力だけで見ればコンシーラーの方が上ですが、ナチュラルにカバーができて失敗しにくい点では、コントロールカラーの方が優れています。

コンシーラー

ポイントを押さえて使用することで、ナチュラルメイクに仕上げられるアイテムがコンシーラーです。

まずは、気になる部分・隠したい部分を上手く隠すコツを覚えましょう。

特に、くすみがちな目元の部分をコンシーラーで隠すことで、よりナチュラルで健康的に仕上がります。

元々素肌が綺麗な方でも、コンシーラーは必須アイテムとして1つ持っておきましょう。

また、ファンデーションを使用しないで、コンシーラーだけで仕上げる方もいます。

このように、コンシーラーで部分的にカバーするだけでも、十分ナチュラルに仕上げることが可能です。

ポイントメイク

リップやチーク・アイシャドウ等のカラーを利用したメイクもありますが、ベースメイクに目立ちにくい、細めのアイラインやマスカラをプラスすることで、よりナチュラルな透明感を活かしたメイクができます。

このように、文章にするとシンプルなメイクですが、その分肌の印象が大切になってきます。

薄めのベースメイク(吹き出物やシミが目立たない程度)で、自然な感じを活かすことがポイントです。

たとえば、明るいリップを使用したい場合は、その分チークやアイメークを控えめにするようにしましょう。

ナチュラルなベースで仕上げているため、1か所のみ目立たせるようなポイントメイクでも、十分おしゃれになれます。

他にも、アイメイクをポイントにするのであれば、まつ毛をしっかりとビューラーで持ち上げて、ベースメイクで毛穴等をしっかりカバーすれば、濃い印象を持たれないように仕上げることができます。

ナチュラルメイクの基本ステップ

メイク道具の種類から考えても、その人によって使用するメイク道具は異なります。

まずは、メイクをするということに慣れることが大切です。

そして、慣れてきたらいつものメイクにアレンジを加えて、自分に良く似合うメイクを見つけてみましょう。

メイクは、最初から最後までメイクを行う順番がポイントです。

また、パーツごとに関しても、なりたいイメージによって、ラインの引き方や形の作り方等も変わってきます。

ここでは、ナチュラルメイクの基本的な流れを紹介します。

ベースメイクで透明感を出す

ベースメイクを始める前には、顔の全体をしっかり保湿することが大切です。

洗顔後の肌は、特に乾燥しやすい状態になっているため、ちゃんと保湿しないと、たとえ保湿力の高い化粧下地やファンデーションを使用したとしても、肌がその保湿成分を吸収してしまうことにより、メイクも崩れやすく、カサついた仕上がりになってしまうことがあります。

もし、メイクにかける時間に余裕がある場合は、シートマスクを使ってしっかり保湿を行えば、肌の透明感もアップさせることが可能です。

ファンデーションを使用する前に、コントロールカラーを使用することで、気になる色味を調整することが大切です。

ただし、コントロールカラーの使用量が多いとムラになってしまうので、少しの量を顔の全体に伸ばしていくようにしましょう。

なお、オレンジ系のクマをカバーするタイプのコントロールカラーを使用する場合は、カバーしたい部分のみに使用するようにしましょう。

一重・二重に限らずアイラインは部分的に引く

ナチュラルメイクは、男性・女性の両方から高感度の高いメイクです。

ただ、ナチュラルであってもコンプレックスを感じやすい部分が目元です。

高校時代に、大きな目に憧れてアイプチをしたものの、なかなか自然な目元を作れなかったことを思い出しますが、経験上、しっかりしたアイメイクでは、仕上がりがナチュラルにはできませんでした。

しかし、色々試してみた結果、ペンシルタイプのアイライナーの方が、ぼかして使用することもでき、仕上がりも自然なので、左目が二重で右目が奥二重の私でも使いやすかったです。

リキッドタイプのアイライナーを使用する場合は、極細タイプを選びナチュラルに仕上げましょう。

リキッドタイプは、色持ちがいいというメリットがありますが、黒色で太く入れてしまうと、ベースメイクとのバランスが悪く、目だけ強調した仕上がりになります。

慣れるまでは、ペンシルタイプで仕上げるのがおすすめです。

なお、ナチュラルメイクにするためには、目の下にはアイラインを引かないようにしましょう。

そして、目尻を囲ってしまうような引き方でもなく、上のまつ毛の間の隙間を埋めるようにアイラインを引いていくことで、自然に仕上げることができます。

チークは血色を良く見せる程度に入れる

チークには、くすみをなくし血色を良くすることで、より透明感をアップさせる効果があります。

なお、チークにはクリームタイプとパウダータイプがあります。

クリームタイプは、血色がよく見えて仕上がりも自然です。

パウダータイプは、ふわっと軽くて優しい印象になれます。

ブラシにつけたチークをそのまま顔につけてしまうと、チークをつけすぎてしまうことがあるため、一度手の甲で調節をしてから使用しましょう。

顔につける時には、軽く滑らせるような感覚でつけると失敗も防げます。

マスカラを使う場合は上のまつ毛だけにする

まずは、ビューラーで上向きのまつ毛をしっかり作ることがポイントです。

普通のビューラーよりもホットビューラーの方が長持ちするため、使用したことのない方は、普通のビューラーを、やけどに気を付けながらドライヤーで温めてから使用する方法もお勧めです。

ビューラーの使い方

1.根元…しっかりとまつ毛の生え際に挟む

2.真ん中…垂直にしたビューラーで持ち上げる

3.毛先…最後にカールさせる

なお、下まつ毛にマスカラを使用しないだけで、簡単に柔らかい印象になれます。

アイライン同様に、目を囲うようなメイクを止めるだけでも印象は十分変化します。

ビューラーでキレイなまつ毛に仕上げると同時、まつ毛に負担とないっているのも否めません。

まつげ専用の美容液などで、まつげケアも忘れないようにしましょう。

眉毛は太めにする

ナチュラルメイクにおける眉毛のポイントは、眉毛の長さや形をあえて変えたりしないで、カットもし過ぎない程度で整えることです。

今まで細眉等にしていた方にとっては、少しびっくりするかもしれませんが、その程度で十分ナチュラルに仕上げることができます。

自然な眉毛のコツは、自分の眉毛を活かすことです。

また、眉毛が元々濃いめの方が太眉にすると、目と眉毛の間隔も狭くなるため、目が大きく見えます。

さらに、太眉には小顔の効果もあるため、特にストレートな太眉がお勧めです。

なお、アイブロウは、はじめはペンシルタイプを使い書いた線をぼかすだけで、ナチュラルに仕上がります。

色は、濃いめのブラウンや髪の毛と同じ色にすると引き締まって見えます。

リップを自然にする

自然なメイクだからこそ、より健康的に見せるため、ワンポイントメイクとして口紅をしっかり塗ることをお勧めします。

ナチュラルメイクにプラスすることで、一気に印象も変化します。

ナチュラルメイクに似合う口紅の色は、ピンク系をはじめオレンジ系やレッド系です。

なお、初心者の方にお勧めな色が、肌の色を選ばないオレンジ系です。

また、レッド系の口紅はオレンジ系に比べて色っぽさをプラスしてくれますが、ベースがナチュラルな分、仕上がりも自然です。

他にも、ベージュに近い薄めのオレンジを使えば、より自然な印象になります。

目立たないヌーディな色もありますが、ナチュラルなベースとのバランスが悪く、返って顔色が悪い印象になりますので気をつけましょう。

ナチュラルメイクを作るベースメイクのポイント

学生時代のおしゃれを意識したナチュラルメイクはお勧めですが、社会人になると、身だしなみとしてメイクをすることが増えてきます。

美しく見せることも大切ですが、ナチュラルメイクを行う上で忘れてはいけないのが、清潔感です。

ファンデーションの量やアイメイクの濃さ以外にも、この清潔感を意識するだけで、メイクの質もぐんとアップします。

単純に薄いだけではナチュラルメイクとは言えません。

ポイントは、メイクを肌の一部と感じさせることです。

ここでは、ナチュラルメイクに欠かせないベースメイクのポイントについて紹介します。

ナチュラルメイクの命はベースメイク

まずは、眉毛用のハサミ等でしっかり眉毛を整えることが大切です。

産毛も綺麗にするだけで、顔の雰囲気も変化します。

そして、メイク前の最大のポイントが、肌の保湿です。

しっかりと肌に浸透させるように保湿すれば、メイクのノリに差が出ます。

ベースメイクの作り方

1.化粧下地

2.ベースメイク(お勧めはリキッドタイプのファンデーション)

3.パウダー

この順番で行いましょう。

ここでシミや毛穴・シワ等が気になっていても、決して厚塗りはしないようにしましょう。

厚塗りすることで、自然な仕上がりとは程遠くなり、老けて見えてしまいます。

スキンケア

普段続けているメイクでも、実は肌に大きな負担がかかっています。

年齢を重ねるごとに出てくる肌トラブル(しわ、シミ、クマ、ニキビ等)及び紫外線を防ぐためには、特に保湿が重要です。

スキンケアのポイント

1.スキンケアに気を付けてメイクする
ファンデーションには肌に優しいものや紫外線に強いものもあり、お勧めです。

2.水分をしっかり化粧水等で補給させる
化粧水には、メイクの上から使えるミストタイプもあります。

3.メイク落としは正しいやり方を守る
メイクをしたまま寝ないようにし、しっかりと洗顔・クレンジングを行いましょう。

なお、メイク落としにはジェルタイプ・オイルタイプ・ミルクタイプ等があります。

メイク落としにも相性がありますが、ポイントはメイクの落ちが良いものを選ぶことです。

下地orコントロールカラー

肌の凹凸を化粧下地を使って整えることができます。

そのため、ナチュラルメイクに化粧下地は大切です。

また、顔の色のムラをなくして整えてくれるコントロールカラーには、ファンデーションの色づきをアップさせ、明るい顔にしてくれます。

そして、このコントロールカラーには、次に使用するファンデーションの厚塗りを防いでくれ、化粧崩れしにくいメイクに役立ちます。

なお、部分的にコントロールカラーを使う場合は、使用する前に化粧下地を塗りましょう。

ただし、顔全体にコントロールカラーを使う時には、化粧下地の効果も入っている全体用のコントロールカラーを使用すれば、化粧下地は不要です。

ファンデーション

ファンデーションのポイントは、保湿力のあるクリーム系・リキッド系・エマルジョン系・オイル系がお勧めです。

シミなどもカバーできるのでファンネーションの重ね付けが避けられます。

なお、コンパクトタイプ以外で、チューブタイプのファンデーションの場合は、使用する時に乳液を一緒に混ぜてから使用すると、ツヤや透明感がアップし、ナチュラルな薄付きメイクができます。

ファンデーションは、薄く伸ばして使うことがポイントです。

また、ファンデーションを塗った後にはそのままにせず、ティッシュやスポンジ等でムラを伸ばし、余分に残っている油分も抑えるようにしましょう。

仕上がりをよりナチュラルにするには、ひと手間の工夫が大切です。

ナチュラルメイクでより若く健康的に見せるには、ファンデーション前とファンデーション後にも目を向けましょう。

フェイスパウダー

フェイスパウダーには、パフやブラシを使って使用するやり方があります。

パフの場合はしっかりめで、ブラシの場合は軽めにつけられます。

ただし、パフを使っている方でも、仕上げにブラシを使用することで、ムラやつけすぎを抑えることができます。

また、つける時にはこすり過ぎないように気を付けましょう。

そして、メイクが崩れやすい目元や小鼻は、パフを折りたたんでしっかりめにつけます。

なお、顔のみが浮いて見えないように、顔のラインから首筋に向かってぼかすように仕上げましょう。

ナチュラルメイクを作るアイメイクのポイント

ナチュラルメイクは清楚な印象を与えてくれるため、好印象を持たれやすいメイクです。

そして、透明感を出すことが大切で、アイラインは控えめにしましょう。

ナチュラルメイクは、シンプルな服装にも良く似合います。

柔らかい印象を持たれやすいナチュラルメイクですが、クールな印象に変えたい時等には、色の選び方次第で簡単にアレンジができます。

基本的には、肌なじみの良いカラーを薄めに使用すると良いでしょう。

ここでは、ナチュラルメイクを行う際のアイメイクのポイントについて紹介します。

アイシャドウとカラコン

ナチュラルメイクには、ブラウン系のアイシャドウがお勧めです。

アイメイクをする際には、始めに上まぶたのトーンアップを行いましょう。

上まぶたの全体に、オフホワイトやベージュ・パールカラー等を塗っていきます。

これを行うことで、目元のくすみが取れます。

そして、ナチュラルメイクにかわいらしさをプラスしたい場合は、カラコンがお勧めです。

種類も豊富なカラコンですが、レンズの縁がグラデーションになっているものを使用すれば、目にも馴染みやすいです。

アイライナー

アイライナーは、濃くなりがちなリキッドタイプの中でも、ブラウン系を使用することで自然な目元が作れます。

そして、ポイントはなるべく細めに目の際にラインを引くことです。

ラインが太いと、たとえ目を大きく見せたいために使用したとしても、目が小さく見えてしまい、逆効果です。

なお、ブラック系以外であれば、ブラウン系以外にもグレー系や他の柔らかい色がお勧めです。

また、ペンシルタイプを使用する場合は、ペン先を使うたびに削るようにし、細いラインを引けるようにしてから使用しましょう。

まぶたを持ち上げながら使うと、ラインが引きやすくなります。

マスカラ

メイクをする上で、マスカラが手放せない女性は多いのではないでしょうか。

ただし、ナチュラルメイクには2度塗りや3度塗りは不要です。

また、マスカラに抵抗がある方の場合は、透明なマスカラがお勧めです。

透明なマスカラを使うことで、まつ毛にツヤが生まれます。

当然、普通のマスカラのようにボリューム等は出ませんが、まつ毛のカールを長持ちさせる効果もあります。

最大のポイントは、普通のマスカラで起こりやすい、パンダ目にならないところです。

一重の方がアイプチを使う場合

一重の方にとって、ぱっちりした二重はとても魅力的ですよね。

アイラインを引いても、なぜか目つきが悪く見えてしまうこともあります。

私もアイプチを使用していましたが、なかなか上手に出来ないと、やり直さなくてはいけないので、その時にもよるものの、メイクで最も時間がかかってしまう部分がアイプチでした。

私の場合は、上の画像のような、ノリをまぶたに塗って使用するものを使っていましたが、それよりも使いやすいアイテープの方が、より自然な二重に見せることができます。

なりたい二重の幅に合わせて使用することで、イメージ通りの二重を作ることができます。

また、アイテープの方が、メイク後に外れてしまう心配も少ないです。

まとめ

ナチュラルメイクについて紹介しましたが、この記事を通して調べることで、ナチュラルメイクの奥深さを知ることができました。

私の周りにも綺麗な女性は多いのですが、後から年齢を聞いてびっくりすることも多く、近年の美魔女ブームをはじめ、綺麗な方に良く見られる特徴が、このナチュラルメイクです。

肌が綺麗な秘訣を聞くと、化粧品等にお金をかけていなくても、日々の洗顔や保湿はしっかり行うと教えてもらったことがあります。

私の場合、若いころメイクをしたまま寝てしまったことをかなり後悔してしまいましたが、結局は継続は力なりということです。

ただ、そんな私でも普段のメイク法や手順を変えるだけで、簡単にナチュラルメイクに仕上げられることを知りました。

いつものスキンケアとメイク道具・メイク法等を見直して、皆さんもナチュラルメイクを実現しましょう。

Copyright© 簡単スキンケア&メイクアップ.com , 2018 All Rights Reserved.