誰でもできるかんたんスキンケアやメイクアップ、肌あれ対策を紹介します。

【ニキビ男必見】ニキビができる5つの原因とスキンケアのポイント

2019/04/12
 

ニキビに化粧水はとても重要です。

でも、どの化粧水を使っても大丈夫な訳ではありません。

ニキビには、大人ニキビと思春期ニキビがあり、それぞれに合った化粧水を使う必要があります。

今回は、ニキビに悩んでいる人に、ニキビの出きる原因やスキンケアの仕方、口コミで人気がある化粧水などを紹介します!

ニキビに効果がある化粧水は?

ニキビにいい化粧水はどれか、余り知らない人のほうが多いのではないでしょうか?そもそもニキビケアに、化粧水を使うと良いとあまり耳にしませんよね。

ニキビケアは、洗顔をこまめにした方が良いイメージや、ニキビを一晩で小さくするクリーム状の物など、良く耳にすると思います。

しかし、実はニキビには保湿がとっても重要だったんです。

もちろん洗顔や美容液、乳液も大事ですよ。

しかし保湿をしっかりしてあげなければ、いくら美容液や乳液をつけても効果が激減してしまうのです。

そして、どの化粧水でもいいという訳でもありません。

ちゃんと自分の肌の状態に合った、ニキビに効く化粧水を使うことがとても重要なんです。

乾燥肌にも、オイリー肌にも、混合肌にも保湿が大事なので、まずは、どんな保湿効果がある化粧水を選ぶかを、評価や口コミなどを見て決める事が大事でしょう。

ニキビとは?

医学的には皮膚疾患の一種

ニキビの医学的な名称は「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」と言います。

ニキビは皮膚疾患の一種で、毛穴に発生する慢性炎症疾患です。

またニキビは皮脂腺から皮脂が分泌される時に、スムーズに毛穴から出る事ができずに、毛穴に溜まってしまった状態。

また、毛穴に溜まっている皮脂が酸化してしまい、黒くなってしまった状態、毛穴が炎症を起こしてしまい、赤くなり膿が溜まってしまった状態です。

この炎症を起こさせるのが、「アクネ菌」で酸素がない脂腺の奥に生息しています。

このアクネ菌の正体は、嫌気性と呼ばれる殺菌です。

アクネ菌は皮脂を好みますので、もし毛穴に皮脂が溜まっていると、その皮脂を栄養にしてしまい、増殖して炎症を起こしてしまうのです。

ニキビケアの大事なポイントは、ニキビが炎症を発症する前に、いかに早くケアをするかになります。

もしニキビが炎症を発症してしまい、腫れて膿を持ち、それが酷くなって「嚢腫(のうしゅ)」になると、炎症が治まってもニキビ痕になってしまうからです。

白ニキビ

「白ニキビ」は、毛穴の表面が皮脂で詰まってしまい、アクネ菌が増え始めた状態です。

白ニキビは余り目立たない為、小さな白い点の様に見えます。

良く見ないと分からない位の物なので目立ちません。

そして、白ニキビは毛穴がふさがって、皮脂が出れなくなった物です。

毛穴を詰まらせる原因は角質だけではなく、シャンプーやリンスなどが流し切れなかったり、落としきれなかったファンデーションや、塵や埃などでも詰まることがあり、それらが毛穴を詰まらせて、白ニキビを作る原因になります。

黒ニキビ

「黒ニキビ」は、毛穴の中の皮脂が沢山溜まり詰まると、毛穴の表面が開いてしまい、その沢山溜まった皮脂が開いた毛穴から顔を覗かせてしまい、皮脂が空気に触れて「酸化して黒くなってしまった状態」の物です。

この黒ニキビは、とても目立つので気にする人も多いと思います。

主に鼻の小鼻の所にできますが、体の他の部分にもできることもあり、見た目は小さなホクロやシミのように見えるので、気づくことが多いです。

赤ニキビ

一般的なニキビと言われる物です。

毛穴の中は、アクネ菌が増殖し、炎症を起こしている状態です。

毛穴の外は赤く腫れ盛り上がっています。

白ニキビが毛穴が詰まって出きると、それが悪化してできるのが赤ニキビです。

それが更に化膿すると、化膿ニキビになってしまうので、早めに治療するのが重要です。

黄ニキビ

「黄ニキビ」は、赤ニキビが炎症して膿を持った状態の物です。

リパーゼという酸素をアクネ菌が生み出す為、毛穴の内部の組織を壊し始め、近くの毛穴にまで炎症が広がってしまいます。

表面が膿を持っているので、黄色に見えるため黄ニキビと呼ばれています。

ここまで酷くなってしまうと、真皮まで損傷が広がっている為、多くの場合皮膚の表面が陥没してしまいます。

その状態がクレーター肌と呼ばれる物で、赤黒く色素沈着を起こしてしまい、ニキビが治ってもニキビ跡がとても目立ってしまう可能性があります。

そして、黄ニキビよりもっと酷いニキビに、「紫ニキビ(結節性ニキビ)」と言うニキビがあり、毛穴の奥深い部分に膿と血液が混ざって溜まった物で、しこりの様に触ると「ゴリゴリ」としています。

この紫ニキビ(結節性ニキビ)になると、黄ニキビより高い確率でニキビ跡が残ってしまいます。

大人ニキビ

思春期を過ぎ、大人になってからできるニキビのことを「大人ニキビ」と言います。

大人ニキビの主な原因は、不規則な食生活、ストレス、化粧品、スキンケア、睡眠不足、飲酒、喫煙、ホルモンの関係などと言われており、さまざまな原因が考えられます。

皮膚のターンオーバーの乱れが主な原因と考えれれており、ストレスや不規則な生活習慣が、密接に関わっていると言われています。

人によりターンオーバーのリズムが異なりますが、リズムが乱れてしまうと、古い角質は溜まり厚くなります。

そのことにより、毛穴は狭く詰まやすくなってしまいます。

ちなみに約28日周期で入れ替わる、新しい細胞と古い細胞の新陳代謝のサイクルがターンオーバーの意味で、ターンオーバーがちゃんと出来ないと、大人ニキビが出来る原因になると言われています。

思春期ニキビ

「思春期ニキビ」の主な原因は、成長期における皮脂分泌が、過剰になることだと言われています。

思春期の時は、体を作るために成長ホルモンが分泌され、皮脂腺を刺激し皮脂が過剰に分泌されます。

そして、毛穴が詰まりやすくなり、毛穴にアクネ菌が増殖しやすくなります。

思春期が終わり20代前後になると、性ホルモンのバランスが整ってきますので、思春期ニキビは段々できなくなります。

思春期ニキビの場合は、皮脂の分泌が主な原因の為、皮脂の分泌の多い額や鼻などのTゾーン、頬までと広範囲にできるのが特徴です。

大人ニキビは顎やフェイスライン、首筋などにできる傾向にあります。

思春期ニキビの改善策は、皮脂と水分の量を適度に保つことが肝心ですが、大人ニキビは生活習慣全般を見直し、規則正しい生活やストレスのない生活、健康な食生活を心がけることが改善策です。

ニキビの原因

1.毛穴の詰まり

ニキビが出きる主な原因が毛穴の詰まりであり、毛穴の周りの皮膚のターンオーバーが、正常に行われなくなることが原因であります。

新陳代謝の低下、ホルモンの乱れなどの影響で、皮膚の表面が硬くなったり、過剰な刺激により肌を守ろうと角質が硬くなります。

角質は硬くなると毛穴に皮脂が詰まり、溜まりやすくなる為、ニキビができやすい肌環境になります。

2.皮脂が過剰に分泌する

毛穴から皮脂がスムーズに排出されていれば、たとえ皮脂が多く分泌しても、毛穴を詰まらせることはありませんが、皮脂が過剰に分泌され、毛穴からスムーズに排出されない程の量になると、毛穴は詰まってしまい、ニキビができる原因となります。

大人になると、普通皮脂の分泌が減少し始めますので、ニキビはできなくなりますが、ストレスやホルモンの影響、乾燥、悪い食生活、睡眠不足などの影響により、皮脂に分泌量が過剰になることがあり、大人ニキビができる原因になります。

3.角化異常によるもの

角化異常はターンオーバーの乱れ、バリア機能の低下で角質が厚くなることで、毛穴が塞がり「過角化」が起こることでなりますが、普段ストレスなどを感じると、コルチゾールという、抗ストレスホルモンを分泌し、男性ホルモンを刺激します。

男性ホルモンが増えると、皮脂分泌を増加させ角質を厚くします。

睡眠不足、ストレス状態が続いたりしても、ターンオーバーが乱れ肌機能が低下しますし、緊張状態が続いても交感神経が優位になり、男性ホルモンが増加し、過角化になってしまいますので、生活習慣を改善する必要があるでしょう。

また、不規則な食事によるたんぱく質やビタミンB群の不足になると、肌が正しいターンオーバーが出来ない為に、過角化になります。

そして、肌に合わない化粧品や紫外線、肌の乾燥、間違った洗顔方法、肌を綺麗に保っていないなどの、外的要因でもニキビができる原因になります。

4.間違ったスキンケアや化粧品が原因にも

毛穴が詰まる原因に、メイクの汚れがきちんと落ちてないことや、毛穴を詰まらせる肌に良くない化粧品、過度の保湿などの、化粧品のスキンケアのトラブルがあります。

油分などが多い化粧品は、毛穴を詰まらせる原因になります。

そして、メイクを落とさないでそのまま寝てしまったりすることも、ニキビができる原因になります。

この様に、ニキビの原因になる毛穴の詰まりが発生する原因は、皮脂の過剰分泌と毛穴の入り口付近の過角化になります。

5.便秘から

大人ニキビに悩んでいる人に、実は便秘で悩んでいる人が多いです。

慢性的な便秘に悩んでいる人は肌のくすみ、肌荒れ、吹き出物などの何らかの肌トラベルを抱えている人が多く、スキンケアなどをしてもなかなか解決しません。

腸内に長い間、便が溜まったままで居ると、便と一緒に排出すべき老廃物や毒素が、蓄積されてしまいます。

長く腸内に留まった便は、水分が失われ硬くなってしまいます。

そうすると自律神経が乱れたり、全身の血流が悪くなったり、毒素が血流と一緒に全身を循環し、イライラ、食欲低下、肩こり、肌のトラブル、痔などの症状が表れて来ます。

もし、いつも便秘気味でニキビに悩んでいるようでしたら、便秘改善をする必要があるでしょう。

ニキビ肌のお手入れのポイント

たっぷりの泡で洗う

洗顔は、基本的に朝晩の2回行うようにしましょう。

ニキビがある時の洗顔方法は、以下の手順になります。

蒸しタオルを使います。

蒸しタオルの作り方

1.水でぬらし緩く絞ります。

2.耐熱皿にのせます。

3.電子レンジで40秒〜1分チンします。

洗顔方法

1.まず手をハンドソープで洗います。

2.蒸しタオルを顔に1分あてます。

(タオルでごしごしと顔を拭かないように)

3.洗顔料をよく泡立てましょう。

(泡立てネットなどを使うと簡単に泡立ちます)

4.まずはTゾーンに泡をなじませながら円をかくようにやさしく洗い、Uゾーンに移り同じくやさしく円をかくように汚れになじませて洗います。

決してごしごしと洗わない様にしましょう。

5.若干ぬるい位のお湯でよくすすぎます。

 

6.柔らかいタオルでやさしく拭きます。

この時もごしごし拭いてはいけません。

 
5分以内に化粧水をつける

大人ニキビに保湿はとても重要です。

化粧水は油分と水分のバランスを保ち、肌を潤わせてくれます。

そして、化粧水に入っている配合成分が、お肌の環境を整えてくれます。

大人ニキビの原因の一つである、乾燥を防ぐということがニキビの改善につながります。

洗顔後水分を拭き取ったら、直ぐに化粧水をつけてあげましょう。

5分以上放置すると肌は乾燥してしまいます。

保湿は、超重要でベストは30秒以内につけることです。

化粧水の付け方とは

正しい化粧水の付け方は以下の手順になります。

1.手のひらに化粧水をとりあたためます。

そのまま優しく顔全体になじませます。

2.目元や口元は乾燥しやすいので、化粧水を追加し、指先をつかってなじませるといいでしょう。

3.手のひらが肌に吸い付くように顔全体になじんだらOKです。

注)化粧水をつける時は叩き込むのはNGです。

押し付けるようにつけます。

またコットンはNGです。

必ず手でつけましょう。

化粧水が手で温まりますので、浸透しやすくなります。

思春期ニキビのお手入れポイント

先ほども説明しましたが、成長期に皮脂が一時的に過剰に分泌してしまう思春期ニキビは、毛穴の中の皮脂が流れきれずに、詰まりを起こしてしまいます。

思春期ニキビに大事なのは、皮脂分泌のコントロールと皮脂の酸化の防止、殺菌、抗菌、抗炎症のケアをすることです。

思春期ニキビになぜ化粧水が大事なのかと言うと、皮脂の過剰分泌を抑える効果が期待できることと、皮脂のバランスを整えることができることです。

皮脂バランスを整えて、思春期ニキビをケアすることがとても重要になります。

大人ニキビのお手入れポイント

大人ニキビの場合は、男性ホルモンの過剰分泌が原因でできる事が多いので、角化異常が起こり皮脂の通り道が塞がれてしまいます。

大人ニキビの場合、ホルモンバランスが崩れているのが原因で、水分・バリア機能が低下しているので、肌は不安定で無防備な状態です。

なので、大人ニキビのケアには、ホルモンバランスの調整及び保湿重視をすることがポイントとなります。

男性もニキビケアには化粧水を使おう!

化粧水は、女性が使う物と思っている男性が多いでしょうが、ニキビを治す為には、化粧水は必要不可欠です。

化粧水の一番の役割は保湿です。

ニキビを治そうと一生懸命洗顔しても、皮膚の表面の皮脂膜、角質の中の保湿因子も流されてしまうので、肌は乾燥してしまいます。

ニキビを治そうと洗顔をしても、肌をバリアする化粧水をつけなくては、逆にニキビを悪化させる原因になりかねません。

そこで、保湿をして肌にバリアを作ってくれる、化粧水が必要になります。

そして、化粧水を選ぶ時は保湿効果が強く、肌のバリアを高めてくれる物を選びましょう。

男だからといて、化粧水を使わないのはいけません!男性でもちゃんとしたお肌ケアをしましょう。

化粧水の後は乳液・美容液を忘れずに!

化粧水をつけたら、必ず乳液や美容液をつけましょう。

つける順番は、「化粧水→美容液 →乳液」の順です。

乳液には、化粧水の蒸発を抑える役目をします。

化粧水で水分を補った後は、乳液で油分を補うことが大事です。

肌のバランスを整えてあげることは、とても大切です。

乾燥はにきびの原因になりますので、乳液で保湿することは特に重要です。

美容液・乳液も化粧水同様に、肌に押し付けるようにして塗りこみましょう。

ニキビ化粧水の種類はどんなのがあるの?

拭き取り型化粧水

拭き取り型化粧水が、市場で一番出回っているタイプの化粧水でしょう。

サリチル酸やグリコール酸で出来ている、ピーリングタイプのニキビケア化粧水です。

この拭き取り型化粧水に入っている成分で、古い角質を無理やり浮かせ、肌の再生を促し、毛穴の詰まりを解消するという効果がある物です。

保湿重視系化粧水

保湿重視の化粧水は、大人ニキビにおススメです。

この様な化粧水には、ナノプラセンタ、ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸、天然由来エキスのウオゴンエキス等が含まれており、保湿効果が抜群です。

特に30代近くになったら、保湿効果がある化粧水を使うのが一番良く、ニキビが出来にくくなります。

大人ニキビは、皮脂の詰まりが原因で炎症が出きるというよりは、内側から乾燥して肌が弱っている場合が多く、ちょっとした原因でニキビが出来ていることが殆んどです。

抗炎症、抗菌系化粧水

思春期ニキビや白ニキビにおススメなのが、できてしまったニキビの、抗炎症や抗菌効果のある化粧水です。

この様な化粧水には、グルチルリチン酸2Kやどくだみなどの成分が入っています。

グルチルリチン酸2Kは、出来てしまったニキビの炎症を止める効果がある成分です。

この成分は保湿効果の次に大事な成分で、抗炎症や抗菌効果には効果的です。

たまに、天然ハーブや他の成分で代用している製品もありますが、グルチルリチン酸2Kと効果は殆んど同じと言えるでしょう。

ニキビ跡ケア系化粧水

ニキビ跡を消してくれる化粧水が最近出ていて、ニキビ跡で悩んでいる人達に人気です。

ニキビ跡ケアの化粧水に「リプロスキン」という製品があり、効果があると言われています。

赤い色素沈着のケアは、ビタミンC誘導体でケアできますが、赤いニキビ跡とクレーター状態のニキビ跡を同時にケアできるのは、このリプロスキンが効果的です。

その他にも口コミが良い商品に、ハトムギ化粧水や薬用雪肌精などがあります。

ニキビ化粧水の選び方とは?

1.保湿効果の高いもの

大人ニキビには、保湿効果の高いものを選ぶ必要があると述べて来ましたが、化粧水を選ぶ時は、化粧水に入っている成分を確認しましょう。

大人ニキビに有効な成分は、ビタミンC誘導体・ダイズエキス(イソフラボン)・サリチル酸・グリチルリチン酸ジカリウム・フラーレン・グリチルレチン酸ステアリル・トコフェロール(ビタミンE)・パントテン酸(ビタミンB)などです。

また、ヒアルロン酸・アミノ酸・セラミドなどが入っている、肌の水分量を高める高保湿成分が入っているものを選ぶといいでしょう。

ビタミンC誘導体は、皮脂を押さえてくれますので重要な成分でしょう。

しかし乾燥しやすく、刺激が強いといという面もあります。

なので、乾燥しやすい、ニキビが酷い、皮脂があまり出ていない人などは、濃度が強い(5%以上)の物は避けた方がいいかもしれません。

2.ノンコメドジェニックのもの

ノンコメドジェニックのもので有名な物といえば、プロアクティブやDHCのニキビケア、資生堂、富士フィルムなどの、大手スキンケ会社から出ている物があります。

ノンコメドジェニックの「コメド」とは、ニキビという意味で、ノン=NONで「〜でない」という意味です。

直訳すると、「ニキビがないように」という意味で、ノンコメドジェニックのものとは、成分にニキビに良くない成分をいれていない、と言うことになるようです。

商品によっては、「ノンコメドジェニックテスト済み」と書いてある物がありますが、背中などの皮脂が多い部分で塗布テストを行った物です。

3.タイプに合わせたもの

ニキビケア用の化粧水は、タイプに分かれていますので、それぞれの自分に合った化粧水を使うのが良いでしょう。

例えば、思春期ニキビ、大人ニキビ、敏感肌などと表示されています。

大人ニキビは、乾燥が原因で出来ているのに、思春期ニキビ用の殺菌力が高く、乾燥する物を使ってはニキビは悪化してしまいます。

なので、ニキビのタイプ別をしっかりと確認し、購入するのがポイントです。

4.口コミを参考にする

実際に、ニキビ用化粧水を購入しようとネットサーフィンしていると、どの商品が良いのか自分の肌に合うのか迷ってしまうと思います。

そういう場合は、口コミを参考にするのが良いでしょう。

商品によっては、サンプルやトライアルなどを安く売っている物もあります。

まずはそれらサンプルで試してみて、どの商品が自分の肌に合っているのかを、チェックするもの良いでしょう。

また口コミやレビューなどを参考にすると、やってみて効果があった使い方や、失敗談、自分の肌の状態などを、詳しく書いてある場合もありますので、それらもとても参考になります。

なるべく商品を絶賛している口コミや、レビューを参考にするのではなく、色々な視点や意見などが書いてある、口コミやレビューを参考にする方が良いでしょう。

おすすめニキビ化粧水

オルビス クリアトライアルセット

お肌に化粧水が浸透すると、とても人気のある商品です。

紫根エキスがお肌のバリア機能をアップしてくれ、甘草由来の成分がニキビを防いでくれます。

そして肌を健やかに保ってくれると評判です。

こちらの商品には、しっとりタイプとさっぱりタイプの2種類があります。

しっとりタイプは乾燥肌・普通肌用で、さっぱりタイプはオイリー肌用です。

大人ニキビ用には保湿に優れた、しっとりタイプがおすすめです。

ニキビの原因となる乾燥をはじめとした外的ダメージをバリアし潤いに満ちた肌にしてくれるそうです。

他のニキビ用スキンケアを使っていたけれども効果が無く、こちらの商品を使いはじめたらニキビが出なくなったという口コミがあります。

「もっと早く出会えていれば良かった」という口コミがあります。

リプロスキン

ニキビ跡専用の化粧水リプロスキンは、弱酸性の肌を、リプロスキンは一時的に中性から弱アルカリ性にし、お肌を柔らかくして、リプロスキンやそのあとに使う化粧品の効果を高めてくれるそうです。

リプロスキンの効果は、化粧水の成分をしっかり奥まで届くようにしてくれるそうです。

そして、自然のターンオーバーでニキビ跡を消していくそうで、長く使い続ければ、なかなか消えてくれなかったニキビ跡が薄くなってきた、という声があります。

効果がすぐ出たという人もいますが、余り出ないという人もいるようです。

個人差は勿論どの商品でもあります。

60日間返品可能なので安心して買えますね。

ビーグレン クレイローション

ビーグレンのクレイローションは、グリチルリチン酸配合で、ニキビの炎症を抑えてくれる有効成分が入った製品です。

敏感肌や乾燥肌の人も、安心して使用できると人気の商品です。

天然クレイの「モンモリロナイト」配合で、ニキビ菌や毛穴の奥の汚れまで吸い寄せてくれます。

またこちらの化粧水には、他にカミツレエキスや納豆エキスなど、お肌を整える美容成分も入っています。

とろみ感がありつつもスッとなじむ化粧水で、ニキビ肌で悩んでいる人に人気です。

ビーグレンにもトライアルがありますので、そちらを試しても良いでしょう。

ビーグレン クレイローションを使用し、一カ月で赤ニキビが出なくなったという口コミがります。

トライアル使用後、98.7%の人がリピートしたそうです。

ビーグレン一週間トライアルは、以下の公式ホームページで購入可能です。

ルナメアAC

富士フィルムの最新技術であるナノ技術を使用してある、ルナメアACの化粧水は、保湿力と浸透力に非常に優れた商品です。

ノーマルタイプとしっとりタイプの2種類があります。

ノーマルタイプは普通肌、やや乾燥肌用で、しっとりタイプは乾燥肌用となっています。

甘草由来の抗炎症作用で、ニキビを改善してくれ、ノンコメドジェニック済みの商品なので、新たにニキビができる可能性が低いことが期待出きる商品だそうです。

こちらの商品も口コミがとても良い、人気の商品です。

「しっかりとお肌に浸透していくのがわかった。

この化粧水には毛穴の油分になじんでケアしてくれる成分がはいっているから、毛穴まで行き届くと実感」という声があります。

また、使いはじめたらニキビが小さくなったという声もあります。

こちらの商品にもトライアルセットがあり、お値段は嬉しい1,000円で14回分だそうです。

ハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水はコスパ抜群で、天然植物成分ハトムギエキス配合のハトムギ化粧水です。

プチプラ(プチ プライスの略)で、大容量なのでおしみなく使えるという声が多数です。

肌にすうっと馴染んでくれ、無香料なので、アロマテラピー用のキャロットシードと、ローズウッドもしくはフランキンセンスの精油を混ぜて使用している人もいるそうです。

そうすると、老化肌を予防できるそうですよ。

無香料・無着色でお肌に優しく、グリチルリン酸がニキビの炎症を抑えてくれるそうです。

使い続けたら、きめ細かい肌になったという声もあります。

使い心地はさっぱりしているそうです!

オードムーゲ

小林製薬から出ているオードムーゲは、拭き取りよう化粧水です。

洗顔後にサッと拭くだけで、肌に残っている古い角質や汚れを拭き取ることができます。

こちらの商品にはアルコールが入っているそうなので、アルコールの匂いが少しするんだとか。

乾燥肌の人には向かないかもしれませんが、何を使ってもイマイチだったけど、こちらを使ったらニキビが良くなったという人もいます。

洗顔後にこちらを含ませたコットンで顔を拭いてから、また保湿系の化粧水をつける人もいるそうです。

そして日焼けした肌にも使えるそうですよ。

まとめ

いかがでしたか?ニキビには、化粧水がとても大事だという事が分かりました!

ニキビには、思春期ニキビと大人ニキビがあり、出る場所やできる原因もそれぞれ違うんですね!

ニキビはお肌を清潔に保つのも重要ですが、保湿も同じ位重要です。

そして食生活の改善、ストレス、睡眠不足なども大きく関わっていますので、普段の生活習慣を見直すこともとても大事です。

そして正しいスキンケアをして、ニキビフリーの美しい肌をゲットして下さい。

Copyright© 簡単スキンケア&メイクアップ.com , 2018 All Rights Reserved.