誰でもできるかんたんスキンケアやメイクアップ、肌あれ対策を紹介します。

【メイクボックス選びが楽しむ】メイクボックが欲しい【メイク男子必見】

2019/04/12
 

毎日使うメイクボクッスは、使いやすさ・便利さに加えて、使っていて楽しくなるものを選びたいですね。

かわいい系、おしゃれ系、ブランド系など人気・売れ筋のメイクボックスをたっぷりご紹介します!また、ちょっと変わったこだわりのメイクボックスや自分でDIYするのもありです。

この記事では、メイクを楽しむためにどんなメイクボックスを選べばいいのかが分かるような情報をまとめています。

ランキングもぜひ見てください!

目次

メイクボックス欲しいけれどどんなものがあるの?

メイクボックスは、いまやメイクに欠かせない必須アイテムです!メイクボックスがメイクのモチベーションをあげてメイクを楽しくしてくれます。

お気に入りのメイクボックスを使いだしてメイクの腕があがったという話もよく聞きますね。

そこで、メイクボックスにはたくさんの種類がありますが、自分に合ったものを選ぶにはそうしたらいいのでしょうか。

この記事では、人気・売れ筋のメイクボックスやその魅力、自分で作る方法、選び方のコツなどをまとめています。

これから本格的にメイクをしたいと思っている方やまだドレッサーを買うにはちょっと早いかなーと思っている方、すでにメイクボックスお使いの方も、この記事を読んでメイクボックスの魅力をぜひ知ってください。

人気・売れ筋のメイクボックスの種類

人それぞれ好みは違いますが、人気・売れ筋のメイクボックスをまずチェックしておきましょう。

かわいい系とエレガント系、あなたはどちらがお好みですか?

メイクボックスは、かわいい系が人気

かわいい系のメイクボックスをお探しの方は、ぜひ「メイクボックス」→「かわいい」「姫系」「おしゃれ」などで検索してみてください。

ホワイトやピンクなどパステルカラーのメイクボクッスが出てきます。

シンプルでも小さな引き出しがたくさん付いていたり、内側に便利な棚が自然にできたりするかわいさと機能性の両方を兼ね備えている優れものもあります。

大人かわいいエレガント系は長く使えます

ちょっと大人風のメイクボックスをお探しの方は、「コスメボックス」→「大人」「エレガント」などで検索してみてください。

おしゃれな大人の雰囲気は、高級感と上品さが売りです。

カラーは、茶や黒系の落ち着いたものもいいですし、木目調もいいですね。

レザー調やブランドバッグに似せたエピ柄など少し凝った素材のものは高級感があります。

憧れのプロ仕様のメイクボックスを手に入れよう

やっぱりプロの方のメイク道具の品ぞろえやそれを使いこなす姿にはあこがれますよね。

プロのメイクアップ師の方たちは、重いたくさんのメイク道具をいろんな場所、山や海辺など遠くの場所に安全に運ばなくてはいけませんから、しっかりとしたジュラルミンやアルミ素材のものが好まれるようです。

プロ並みにメイク道具を使いこなしたい!という方におすすめです。

まだまだあるこだわりのメイクボックス

メイクを楽しくするのに、ちょっとこだわりのメイクボックスをご紹介します。

ドレッサータイプは家でしっかりとメイクに集中したい方におすすめです。

安定感と高級感があります。

また、いつでもどこでもメイクがしたいという方には、持ち運びに便利なバニティーケースがおすすめです。

また、猫がお好きな方には、猫柄メイクボックスやバニティーケースもあります。

大きめのドレッサータイプ

ドレッサーを買おうとすると家具扱いになってしまうので、お値段がとても高くなります。

安くても2万〜5万円します。

でもこの大きめのドレッサータイプのメイクボックスなら、お手軽な値段でドレッサーの感覚を味わえます。

一人暮らしの方や家がお部屋がそんなに広くないけどメイクを楽しみたいという方は、チェックしてみてください。

バニティケースがかわいい!

バニティケースとは、メイク道具を入れた小型のバックまたはポーチのことを言います。

バニティケースは、1950年代に流行したらしいのですが、実は最近人気が復活傾向にあるようです。

お友達の家にお泊りのときやちょっとした旅行に行くとき、ポーチだけでは納まらないというときがありますよね。

いつでもしっかりとメイクをしたい方におすすめです。

今人気の猫柄もいい!

空前の猫ブームの今、猫柄のメイクボックスが欲しいという方は多いかもしれません。

猫だらけ模様バニティやシックな猫の透かし彫りの入ったものがおすすめです。

猫に癒されながらメイクをするというのはいかがでしょうか。

メイクボックスの人気・売れ筋メイクボックス

楽天市場とAmazonの人気・売れ筋メイクボックスをランキングしました。

売れていても口こみ、レビューの評価のすごく低いものは除外しました。

気になるメイクボックス

楽天市場のコスメボックスの週間人気・売れ筋商品の中からピックアップしたものをご紹介します。

やはりお値段5000円前後のもので、しっかりと収納力のあるものが人気です。

また、カラーが豊富にあって、シンプルかつ上品なデザインのものが好まれるようです。

持ち運びに便利なものだけでなく、お部屋に置いてインテリアとしても映えるものがよく売れています。

大容量収納メイクボックス

これ一つでメイク道具がすべて収納できるというのが人気の秘密です。

メイク道具がばらばらにおいてあると、忙しい朝はそれだけで時間のロスです。

そういえばお目当てのコスメがなかなか見つけられなくてイライラしたりしたことはありませんか?また、大きなボトルがしっかり納まるのも安心ですね。

お部屋も片付きやすくなります。

しっかりとした木製で値段もお手頃ですね。

コフレメイクボックス

濃いピンクと薄いピンク、白、水色の4色から選べ、合皮素材のソフト感がとってもいいですね。

外側はシンプルですが、中は自由に組み合わせて使える小箱が付いていて、コスメを種類ごとに分けて収納できるのが便利です。

また、汚れをふき取りやすい素材なので、お手入れ簡単です。

ゴールドの金具が付いていることで、おしゃれで上品に見えます。

キレイに収納できるコスメボックス

落ち着いた茶色で、素材がレザー調で高級感あり、デザインもシンプルでちょっと大人の女性に人気があるタイプです。

鏡の角度が3段階に変えられることや合皮素材でお掃除しやすいこと、中を見渡しやすくどこに何が入っているかがすぐに分かるというのが人気の理由のようです。

カラーは他に黒と明るい茶色があります。

ソフトタイプメイクボックス

バニティタイプのメイクボックスです。

外側の素材がビニールなので持ち運びのときに少々雨にぬれても安心です。

かわいいドット柄で、年齢に関係なく使えそうですね。

中は、布製の仕切り版がマジックテープでつけたり外したりできるようになっています。

お出かけの多い季節に重宝しそうです。

プロ仕様のコスメボックス

とにかくメイク道具がたくさん入りますし、箱を広げるとすべてのアイテムが一目瞭然ですから使いやすいでしょう。

ただ鏡は付いていないようです。

いつの間にかメイク道具が増えてしまった方や本格的にメイクを学びたいという方にはぴったりでしょう。

Amazonのコスメボックスのランキング上位は、お値段が2000円〜3000円台の安いものが人気です。

口コミレビューを見ると、かわいさだけでなく実際の使いやすさに定評のあるものが人気のようです。

安くいいものを手に入れるためには、商品説明やレビューをしっかりと読みましょう。

また、他の販売サイトと値段を比較してみると参考になります。

イモタニ(IMOTANI)コスメボックス

この商品は、美容や健康関連の商品を扱う日本の株式会社イモタニが販売しているます。

こちらのメイクボックスは、見た目はシンプルですが、中は機能的に設計されていて鏡や小物トレー、引き出し、メイク筆立てなどが付いています。

元は4000円近くするものが、割引セール中のためにこのお値段で、数多く売れています。

キルトコスメボックス

シンプルなキルト生地のメイクボックスです。

安価なのと意外にたっぷり入って本体が軽い!というのが人気の訳のようです。

蓋の内側には、鏡が付いており中は小物が入れやすいように仕切りもあります。

また、ポイントは前の部分にファスナー式で取り外しができるポーチが付いていることです。

この部分には、アイメイク関連のコスメを入れると便利です。

カラフルメイクボックス

これがお部屋にあれば、もう完璧ですね。

三面鏡もついていますし、収納力、機能性も抜群です。

レビューを見ると「意外に重かった」という意見が多いですが、お部屋に置いたままで使う場合には問題がなさそうです。

お値段が高めですがレビューの評価は高いです。

自分使いとしてだけでなく、家族へのプレゼントにという方も多いみたいです。

合皮素材のメイクボックス 

ちょっとい値段高めですが、購入者の評判はとてもいいみたいです。

大容量で収納力があり、中の小物入れや仕切りも取り外しができて機能的に設計されています。

鏡の角度が3段階に変えられるのも魅力です。

色はブルーとピンクがあり、素材は合皮ですがシンプルなデザインで高級感があります。

回転する!Cosmakeコスメボックス

ちょっと変わったデザインですが、レビューの評価は悪くありません。

安価で意外にたくさん入り、回転式で使いやすいみたいです。

コスメが大好きでたくさん持っている方、コスメを眺めるのが好きな方におすすめです。

メイクボックスのブランドって?

ここで取り上げているブランドは、高級ブランドではなく、学生さんや普通の働く女性が買えるブランドです。

ぜひ、お気に入りのMyブランドを見つけてみてください。

エレガントなフランフランのメイクボックス

フランフラン(FrancFranc)は、家具や照明、キッチン雑貨、インテリア雑貨を扱う日本のバルスという会社が始めたブランドです。

東京の南青山と池袋に大きめの店舗があり、通信販売も行っています。

お値段は5000円〜8000円で、Amazonや楽天市場では販売されていません。

フランフランのメイクボックスは「コスメボックス」の名称で売られ、デザインは白をベースにしレースを組み込んだエレガントな花柄物、シックな白や黒の合皮レザーのものがあります。

機能性よりもデザインが重視されているので、中は鏡だけか仕切りもない仕様になっています。

お部屋に置くだけでインテリアとしてもエレガントで高級感があります。

silhouetteでプロ仕様のメイクボックスを安く手に入れる

silhouetteは、Amazonや楽天のショップで見かけるブランド名です。

販売サイトには「メイクボックス専用ブランド」とありますが、詳しい情報は書かれていません。

中国製でとにかく安価なのが魅力です。

レビューの評価もまずまずで評判は悪くないようです。

メイクボックスの種類は豊富で、かわいいバニティケースやポーチもあります。

アナスイのおしゃれなメイクボックス

アナスイからも数種類のメイクボックスが販売されています。

缶ケースタイプのメイクボクスは、外観はアナスイらしくとってもかわいいのですが、中はシンプルです。

下記のアマゾンで売られているものは、中が仕切られていて、サイスが縦15cm横15cm高さ12.5cmととてもコンパクトです。

メイク小物入れにいいかもしれません。

プロ志望の方はシュウウエムラのメイクボックス

「シュウウエムラShuUemura」は、日本のコスメブランドで東京を中心に全国展開しています。

公式通販サイトもあります。

このブランドを立ち上げた植村秀氏は、1950年代からハリウッドで活躍したメイクアップアーティストで、プロ中のプロの方です。

コスメ商品を広く扱っていますが、特にクレンジングオイルに定評があります。

シュウウエムラのメイクアップボックスは、とてもお値段が高いです。

ミニサイズ(縦22cm横14cm高さ22cm)の物で1万6000円、普通サイズでは3万5000円します。

やはりプロ仕様ですので機能性が重視され、箱を広げると中のものをすべて見渡すことができ、すぐに取り出せるような設計になっています。

無印良品のメイクボックスはとってもシンプル

無印良品で販売されているメイクボックスは、さすが!とてもシンプルなバニティーです。

素材はナイロン100%で、大きさにもよりますが値段は1500円〜2000円前後です。

内側に鏡は付いていませんが、メイクブラシを納められるようになっています。

色は今のところ黒しかありませんが、口コミの評判はいいようです。

ベルメゾンでディズニーのメイクボックスを手に入れる

ベルメゾン(千趣会)と言えばカタログ販売の老舗ですが、カタログのディズニーファンタジーショップでオリジナルのディズニーグッズを販売しています。

つまり、ここでしか買えないディズニーメイクボックスがあるのです。

2016年春のカタログでは、蓋にラプンツェルのシルエットが施されたメイクボックスとミッキー&ミニー柄のメイクボックスが販売されています。

ディズニーリゾート 限定のメイクボックス

ディズニーリゾートでしか買えないメイクボックスもあります。

バニティタイプのミニーマウスメイクボックスや不思議の国のアリスのメイクボックスです。

アマゾンで出品されていることもありますが、ほとんど品切れ状態か偽物を手に入れてしまう恐れもありますので、やはりディズニーリゾートに行ったときに買うのがおすすめです。

中はドット模様で、鏡はついていません、蓋の内側部分にメッシュのポケットがひとつ付いているだけのシンプルなものです。

ディズニー公式ストアで買えるバニティ

ディズニー公式ストア(http://store.disney.co.jp/)では、残念ながら2016年5月現在メイクボックスは見当たりません。

しかし、不思議の国のアリスのバニティポーチやかわいいディズニーキャラクターのメイクポーチが数種類販売されています。

不思議の国のアリスのバニティポーチは、蓋の内側に鏡が付いており、ファスナー式の開閉になっています。

縦12cm横14cm高さ14cm容量は小さめですが、ディズニーファンのティーンエージャーにおすすめです。

価格は400円前後ですが、時々セールもありますので、ぜひサイトをチェックしてみてください。

ニトリのメイクボックッスは、安くても上品

ニトリと言えば全国展開しているホームセンタですが、公式通販サイト(http://www.nitori-net.jp/store/ja/ec」でメイクボックスを販売しています。

お値段は2000円台と安くデザインは比較的シンプルですが上品で、樹脂製やポリウレタン製でしっかりした機能性のあるメイクボックスが売られています。

安価なものがをお探しの方は、ぜひ、一度チェックしてみてください。

しまむらで売っている激安バニティ

庶民の味方の「ファッションセンターしまむら」では、バニティタイプのメイクボックスが、数種類販売されています。

とにかく安くてかわいいのが「しまむら」の魅力なので、最寄りのしまむらにぜひ足を運んで見てみてください。

1000円台で買えますので、今年の夏メイクに挑戦してみようと思っている高校生の方におすすめです。

メイクボックスはどうやって手作りするの?

手作りのメイクボックスを使っている方も多いようです。

DIYのお好きな方や作り方のアイデアをいろいろ考えるのが楽しい方におすすめです。

手作りメイクボックスの方法

やっぱりメイク道具は、まとまって決まった位置に入れてあるほうが使いやすいし、急にお客さんが来たときなど片付け安いものです。

でもメイクボックスをわざわざ買うなんてもったいないという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、メイクボックスを安ーく手作りしちゃいましょう!

超簡単、忙しい方のためのDIY

メイクボックスを手作りするというよりも、あるものをメイクボックスとして使ってしまおう!という発想です。

買い物用のトートバックを用意し、それに深めのプラスチックのかごをすっぽりと入れてください。

実はこれだけでベースとなる入れ物が出来上がりです。

あとは、その中に100均で買ったペン立てやボックスにメイク小物を入れて、自然に仕切りを作ります。

もう一つは、大きめの持ち手つき藤かごを用意し、その中にメイク道具を入れてしまいましょう。

これだけでもいいいのですが、メイク筆やリップなど長い物や細かいものは分けて入れておいた方が取り出しやすいので、100均で風合いのよく似た小さなかごを数個買って、それぞれ小物を入れて重ねておきましょう。

牛乳パックでも作れるメイクボックス

ベテラン主婦の方の中には、牛乳パックを利用しない手はない!という方もいらっしゃいます。

メイクボックスを作るには、空になった牛乳パック約10個パックをしっかり乾燥させて切り開きます。

そして、牛乳パックの折り目を利用しながら、牛乳パックと牛乳パックを好きな形にボンドで貼り合わせます。

このままでは見た目が悪いので、まず外側周囲にボンドでお好きな柄の布を張ります。

牛乳パックの模様が透けないように白い紙を先に貼っておくといいかもしれません。

箱の内側はちょっと面倒ですが、別パーツ(牛乳パックを内側の一面ずつの大きさに合わせてカットし布を貼ります)を作り、内側に貼っていきます。

これで箱が強くなりますし、見た目もきれいに仕上がります。

材料は100均セリアがおしゃれ

100均にもダイソーやセリア、キャンドウ―などいろんなお店がありますが、おすすめはセリアです。

ダイソーも品数が豊富ですが、セリアの商品はDIYに使えるものが比較的豊富だと評判で、DIY好きの方たちに重宝されているようです。

かわいいケースやコップ、ペン立て、藤かご、布、カラーペーパーなどを見つけてメイクボックスを手作りしてみましょう。

メイクボックスの選び方

ここで、メイクボックスを選ぶコツをまとめてみました。

いいメイクボックスを手に入れた!買ってよかった!と思えるように、しっかり選ぶためのポイントをチェックしておきましょう。

値段で選ぶメイクボックス

メイクボックッスもお値段はピンきりです。

安いものは1000円前後〜高いものはヴィトンやシャネルなどの高級ブランドで約50万円以上もします。

自分の経済力と使用目的に合ったものを選ぶのがベストですが、一番の売れ筋がだいたい5000円前後のものですから、それを目安に予算を立ててみるというのもいいかもしれません。

5000円前後のものでも十分満足して使えます。

素材選びは大切!

メイクボックスの素材は、いろいろです。

木製、樹脂製、布製、金属製、ビニール製など、素材によってお値段も風合いも耐久度も異なります。

毎日使うものですし、どれがいいと思うかは使用目的や使い方によって変わってきます。

各素材の特徴を書き出してみました。

木製は丈夫だけど重い

木製のメイクボックッスは、壊れにくく長持ちします。

取っ手や蝶番が壊れなければ10年以上使えるという方も多いようです。

長く使っているとだんだん愛着もわいてきますから、最初にいいものを選ぶといいでしょう。

木製の欠点は、重いことです。

家の中では持ち運びができますが、外出には向きません。

持ち出すことが多い方は別の素材がいいかもしれません。

プラスチックは軽いけど安っぽく見える

プラスチックと言ってもポリエチレンや塩化ビニール、ABS樹脂などいろいろですが、大まかな意見として、プラスチックは軽いという長所があります。

また、水汚れに強く清潔を保持するのに適しています。

しかし、落として割れてしまったり、静電気を起こしやすいという欠点があります。

また安くていいという反面、時間がたつと劣化して安っぽく見えるものがあります。

収納には、無駄な空間がないことが大切

メイクボックスの収納力は、選ぶうえで大切です。

特にネットショッピングで購入する場合には、縦×横×厚みの寸法、容量をチェックするのを忘れないようにしましょう。

写真では大きく見えたけど届いたら小さくて失敗した〜ということのないようにしたいですね。

しかし収納力は、大きさだけの問題ではありません。

無駄な空間がないというのも収納力に関係します。

例えば、口紅やメイク筆を入れるスペースや引き出しが仕切られているのといないのとでは、収納力に差が出ます。

自分の持っているコスメの量や種類に見合った収納スペースのあるものを選びましょう。

機能性があるものは使っていて楽しい!

設計が機能的なメイクボックスは、やっぱり使いやすいのでメイクがはかどり楽しくなります。

メイクボックスの機能性を下記に分類してみました。

あなたがメイクボックスに求める機能性はどれでしょうか。

三面鏡はメイクをスピーディーにする

三面鏡が付いているものとついていないものとでは、メイクのスピードが違ってきます。

なぜなら三面鏡は顔を横に向けなくても視線をずらすだけで顔の側面が見えますし、左右のメイクのバランスが分かりやすいというメリットがあるからです。

三面鏡のデメリットは、重いことくらいでしょう。

一面鏡でも十分ですが、三面鏡を使ったことのある方は、手放せなくなります。

化粧テーブルが付いていると、とても便利

メイクボックスの中には、小さなフラットの化粧テーブルを引き出せるものがあります。

お化粧中に蓋を開けたままのボトルやペンシルをちょっと置いたりするのにこのテーブルがあるととても便利です。

木製のメイクボックスにこの機能が付いている商品が多いですが、やはり口コミ評判もいいようです。

ブランドで選ぶと失敗が少ない

ブランドと言っても高級ブランドといだけがいいというわけではありません。

無印良品やディズニー、フランフランなどはだれでも手の届くブランドです。

ブランド商品は販売会社がきちんとしていますから、評価の高い商品をチェックして購入すれば、失敗は少ないはずです。

ネットショッピングで購入するときは、しっかりと商品情報をチェック!

楽天市場やAmazonなどのネットショッピングでメイクボックスを購入するときは、やはり注意も必要です。

商品の値段や写真はチェックしやすいのですが、外側と内側の素材や実際の寸法、重さなどは写真では分からないので説明書きを良く確認しましょう。

販売会社に見覚えがない場合には、レビューが多いものを選んで、発送や梱包の口コミをよく読むことも大切です。

プロのメイクボックスって?

メイクボックスの購入をきっかけに、ちょっとコスメを充実させてみようかな…と考えている方に、プロのメイクボックスの中身をご紹介します。

プロの持ち物を参考に、myメイクボックスを作ってみるのはいかがでしょうか。

プロのメイクボックスの中身はコレ!

プロの方は自分がメイクをするわけでなく、人にメイクを施すわけですから、とにかく万端の準備が必要です。

実は、プロの方が多くのコスメをいつも持っている理由は、肌の弱い人、肌が荒れている人などいろんな肌の状況に合わせてオーダーメイドのメイクを提供できるようにいつも備えているからなんです。

さすがプロですね。

スキンケア関連も充実

スキンケアは、メイクの基本ですからまず肌をしっとり保湿するためのコスメが必要でしょう。

プロのメイクアップアーティストの方のメイクボックスには、マッサージオイル、マッサージクリーム、化粧水、乳液は必需品です。

マッサージで血行を良くすると化粧のノリが良くなります。

また、うぶ毛をしっかり剃っておくことも大切ですから顔用カミソリも必須アイテムです。

ベースメークは必須アイテムがいっぱい

ベースメークは、とっても大切ですからプロの方は、いろんな必殺アイテムを持っています。

プロのメイクアップアーティストの方は、ベースメイクを整えるのにパフだけでなくブラシを使用されることが多いようです。

これは、ブラシを使うことで、ファンデーションのムラが少なくなり、仕上がりがキレイになるからです。

・BBクリーム…保湿と肌の色を整えます
・リキッドファンデーション
・プレストパウダー…脂分を抑えます
・コンシーラー…シミ、クマを隠します
・美容液…ファンデーションの前につけて、毛穴を目立たなくします
・パウダーファンデーション
・ハイライト…立体感を出すために入れる明るいクリームまたはパウダー
・メイクブラシセット…部位によって使い分けます

欠かせない小物コスメ

アイメイク用品やチークなども欠かせません。

チークブラシは、自分の頬の大きさに合った幅のものを選ぶといいようです。

はじめは分かりにくいので、メイク専門のお店で聞いてみるのもありです。

また、その日の気分やお出かけの目的に合わせて使い分けられるように、アイメイク用品やチークを何色か持っておくのもメイクを楽しむコツです。

・アイブロウ…眉毛をメイクします
・アイシャドー…瞼の上に入れます
・アイライン…まつ毛の上辺りから目尻に入れます
・マスカラ…まつ毛を濃くしたり、伸ばします
・リップ
・口紅
・グロス…唇を輝かせます
・ビューラー…まつ毛をカールします
・眉ブラシとハサミ…眉毛をカットしたり向きを整えます
他にもメイクボックスの中に入れるといいもの
・クレンジングオイル…しっかりと化粧を落とします
・コットン…余分な脂分や余計な乳液、ファンデを拭き取ったりします
・綿棒…アイメイクの微調整に使います
・フレグランス…お出かけ前にお好きな場所(首筋、手首の内側、膝の裏など)につけるとさわやかな香りを楽しめます
・マニュキュア&除光液

メイクボックスでメイクが楽しくなる!

メイクボックスの魅力はいかがでしたでしょうか。

メイクボックスは、女性が毎日使う大切な道具です。

評判のいいブランドものや家で使うのに便利な三面鏡付きの丈夫なもの、持ち運びに便利なバニティーなどがありました。

購入する場合は、失敗しないようしっかりと用途にあわせて使いやすいものを選びたいですね。

メイクボックスを充実させて、もっとメイクを楽しみましょう!

Copyright© 簡単スキンケア&メイクアップ.com , 2018 All Rights Reserved.