誰でもできるかんたんスキンケアやメイクアップ、肌あれ対策を紹介します。

【化粧品別】男の敏感肌にあわせたスキンケアアイテムを紹介

2019/04/12
 

敏感肌でスキンケアにお困りの方は、最近増えているといいます。

ストレスや環境汚染、食事など理由はさまざまです。

スキンケアでお困りの人がいたら、この記事を読んで、その助けに少しでもなれば幸いです。

敏感肌って何?もしかしたら自分も?!

敏感肌の人は今増えている

現在敏感肌でお困りの方はとても増えています。

医学的にまだ病名として認定されてなくても、化粧品などで「敏感肌用」と記載されているものを、お店で多く目にすることからも、敏感肌になっている人や悩んでいる人が多いのは、明らかです。

この記事を読んで、あなたが敏感肌の悩みやスキンケアについて、少しでも参考にしていただだいて、悩みが解決されれば、とてもうれしいです。

敏感肌は乾燥肌?!食べ物や自己流スキンケアにも要注意!

敏感肌は、乾燥肌ともいわれていますので、化粧品などでしみたり、赤くなったり、ブツブツができたり、かゆくなることも多くなっていくでしょう。

食べ物が原因で、アレルギー反応を起こして、敏感肌になっているケースもあります。

体を冷やす飲み物、肉やグルテン(小麦)、炭水化物の取り過ぎは気をつけた方がいいでしょう。

あるいは自己流のスキンケアで、自分の肌が痛み、敏感肌になっていることもあります。

肌の構いすぎは、禁物です。

自分に合ったスキンケアをしていくことが大事でしょう。

ストレスや環境汚染、紫外線によって私達の肌は、日々さらされ、敏感肌になりやすいようです。

もし今あなたが、乾燥肌で尚且つ上記のような症状で悩んでいて、そして自分の肌が外からの何らかの刺激に対して、防御するする機能が低下していると感じることがあったら、要注意です。

早めの対策が必要です。

敏感肌のときも安心なおすすめスキンケアの方法

入浴の仕方を工夫してみましょう!

敏感肌の人は、長時間お風呂に入ることはおすすめできません。

できたら皮脂を奪われない程度の38度から40度くらいの少しぬるめのお湯に、約10分くらいつかるのが効果的です。

お風呂のあとは、乾燥するので、敏感肌の人は、長風呂はやめた方がいいでしょう。

体を洗うときは、背中などは皮脂がたまりやいので、タオルなどで洗ってもいいかもしれませんが、他の部位はできたら、手で洗う方がよいでしょう。

入浴剤を使った場合は、シャワーでお風呂のあとに、洗い流しましょう。

商品によっては、肌に刺激がある入浴剤もあるようです。

それなので、洗い流した方がいいかもしれません。

十分な保湿をしましょう!

入浴後や洗顔後には、肌の角質層に届くように、化粧水や美容液をお肌に与えてあげることが大事です。

やはりむやみに肌に化粧水などを、与えすぎてしまっても、角質層に届くことができないので、ていねいに角質層に届くように、化粧品などで肌にうるおいを与えてあげましょう。

その化粧品も刺激は少なく、うるおい成分(セラミド、スフィンゴなどの脂質、大豆レシチン、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、ヘパリンに似た物質)などが入っている化粧品を選ぶと良いでしょう。

配合されてる化粧品の成分に、アルコールなどや、ビタミンCが含まれているのも、避けた方がいいでしょう。

それは敏感肌の人にとって、刺激になることもあるからです。

出来るだけ色々な成分が入っていない、自然に近い化粧品をチョイスし、肌が潤うようにしていきましょう。

敏感肌におすすめの市販化粧品3選!

ヒフミド(小林製薬)

小林製薬からでている化粧品です。

天然型セラミド2が配合されていて、バリア機能性が兼ね備えている商品です。

クリニーク

クリニークのこの商品は、乾燥肌の人には、おすすめの商品です。

肌のうるおを与えて、バリア機能もあり、肌がきめ細かくなることへの手助けを、してくれるでしょう。

アルージェ

無香料、界面活性剤無添加・鉱物油無添加、ノンエチルアルコール、ノンパラベンなので、敏感肌の人もうれしい、安心して使える商品です。

肌荒れ防止もしてくれて、肌に深くうるおいを浸透させてくれるようです。

敏感肌の人がする化粧品のおすすめスキンケア方法

クレンジング

敏感肌の人には、ミルクタイプやクリームタイプが非常におすすめです。

やさしく丁寧に、肌の負担を軽減するようなクレンジング(小指・くすり指などを使用)を心がけましょう。

ファンデーションを使わず、日焼け止めクリームだけの日も、クレンジングは夜必ず行うほうが良いようです。

やさしく肌のよごれ(油性タイプ)を、落としてあげましょう。

洗顔

洗顔も、敏感肌の人にとっては、一番気を遣うところではないでしょうか。

ポイントとしては、よく泡立ててから、しっかりと洗い流すことが、大事になってきます。

洗う水の温度も、あまり高い温度でなく、30度から35度くらいの、ぬるま湯で洗うことが良いでしょう。

化粧水・乳液

化粧水は、肌によく浸透するように、肌にやさしく手を押しあてる形で、化粧水をつけるとよいでしょう。

また乳液は、肌全てにつけるのでなく、本当に乾燥している部分にだけつけるとよいようです。

もともとは、乳液など油分は、顔の本来の油分もあるので、必ずしも使うことはないという理由からも、うかがえます。

敏感肌でもメイクを楽しめる!

敏感肌の人もメイクをあきらめることはないのです。

まず日々の生活を規則正しく、腸内環境を整えてあげましょう。

そうすることで、敏感肌は随分と良くなる可能性があります。

それからメイクをするときは、リキッドでなく、パウダーファンデーションを選ぶと良いようです。

下地も保湿成分が入っているものを、選ぶといいでしょう。

敏感肌だからといって、色々とあきらめることは決してありません。

睡眠不足をやめて、ビタミン類が豊富な緑黄色野菜を意識的にとり、体の中から、敏感肌にさよならできるようにして、あなたもメイクライフを楽しみましょう。

Copyright© 簡単スキンケア&メイクアップ.com , 2018 All Rights Reserved.